ホーム | コラム | 樹海 | たった1年で財相交代

たった1年で財相交代

 「時が来れば分かる」―。ジョアキン・レヴィ財相が財務省での最後の日に表明したのは、1月に決めた経済政策を全うするために尽力してきた事と、これまでに行ってきた事(とそれを妨害された)結果はやがて明らかになるとの確信だった▼国際的な知名度などが認められ、伯国の経済立て直しを託されての財相職。だが、経済政策と人事は全権委任のはずが、ジウマ大統領を始めとする政府や与党からの圧力や議会との軋轢などで、度重なる政策変更を迫られた▼国際通貨基金や信用格付会社は、政府や議会が一体と化して財相を支援、財政調整を全うする事を前提に伯国への評価を維持していたのに、財相を招いた大統領自らが言葉を変え、政策変更も強いたのでは、予定通り事が運ぶはずがない。大統領と相性がいいのは後任のバルボーザ企画相の方だが、金融市場を睨むならレヴィ氏の方が歓迎されるから選ばれたのに、自分のやり方を通したいという大統領の癖が何度も財相を悩ませた▼財相が「次回委員会にはいない」という言い方で辞意を明らかにした後、ジャッケス・ヴァギネル官房長官は「実際に経済政策を決めるのは大統領で、財相はそれを実行するに過ぎない」とも発言している。閣僚は皆、コマの一つだと言われたらそれまでだが、レヴィ氏の辞意表明で後任はバルボーザ氏と決まった18日は、証券市場がかつてない程値を下げた。景気の早期回復と過去から引き摺ってきた諸問題解決で、伯国の信用格付維持や負債返済をと奮闘したが、1年であえなく離任した財相の予言(?)がどんな形で現れるのか、気がかりなまま、新しい年への秒読み態勢に入っている。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か2019年9月27日 ボウソナロが夢見る国際保守ネットワークに暗雲か  24日の国連総会での演説を、ほぼ「極右大統領としてのプロパガンダ」に終始したボウソナロ大統領。国際舞台が期待していた「アマゾン森林保護対策」に関しては欧米諸国の期待に応えるどころか神経を逆なでしていたようにも見えた。だが「自分の政治ポリシーのアピールの場」にすることし […]
  • 庶民の味方のSUSだけど2019年9月26日 庶民の味方のSUSだけど  このところ利用頻度が増したものの一つに、統一医療保健システム(SUS)がある。公立病院や保健所(UBS)他、私立の医療機関も一部が対応しており、診察や検査、予防接種、一定範囲の医薬品、検査、大人用のオムツなども無料で利用できる▼国や州、市の負担は大きいが、高血圧や糖尿病などの […]
  • ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯2019年9月24日 ドラマのような「モジ開植の祖」の生涯  モジ・ダス・クルーゼス入植100周年式典を取材に行って、「灯台下暗し」だったと反省した。興味深い移民史の宝庫だ。サンパウロ市から東に62キロの地点にあるモジ市は、100年前にはわずか3万人の寂しい農村だった。現在では44万人超の人口に増え、州内12位の人口を誇る堂々た […]
  • 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?2019年9月20日 日本式とブラジル式の排斥、どちらがいい?  「誰かが、誰かを排斥する」。これは現在の日本やブラジルのみならず、どこの国でも何かしら行なわれているものだ。その対象が国によっては「移民」になるであろうし、どこの国もその意味ではモラル上の問題を抱えている▼ただ、自分の生活の問題上、日本とブラジルで展開されている「排斥 […]