ホーム | コラム | 樹海 | たった1年で財相交代

たった1年で財相交代

 「時が来れば分かる」―。ジョアキン・レヴィ財相が財務省での最後の日に表明したのは、1月に決めた経済政策を全うするために尽力してきた事と、これまでに行ってきた事(とそれを妨害された)結果はやがて明らかになるとの確信だった▼国際的な知名度などが認められ、ブラジルの経済立て直しを託されての財相職。だが、経済政策と人事は全権委任のはずが、ジウマ大統領を始めとする政府や与党からの圧力や議会との軋轢などで、度重なる政策変更を迫られた▼国際通貨基金や信用格付会社は、政府や議会が一体と化して財相を支援、財政調整を全うする事を前提にブラジルへの評価を維持していたのに、財相を招いた大統領自らが言葉を変え、政策変更も強いたのでは、予定通り事が運ぶはずがない。大統領と相性がいいのは後任のバルボーザ企画相の方だが、金融市場を睨むならレヴィ氏の方が歓迎されるから選ばれたのに、自分のやり方を通したいという大統領の癖が何度も財相を悩ませた▼財相が「次回委員会にはいない」という言い方で辞意を明らかにした後、ジャッケス・ヴァギネル官房長官は「実際に経済政策を決めるのは大統領で、財相はそれを実行するに過ぎない」とも発言している。閣僚は皆、コマの一つだと言われたらそれまでだが、レヴィ氏の辞意表明で後任はバルボーザ氏と決まった18日は、証券市場がかつてない程値を下げた。景気の早期回復と過去から引き摺ってきた諸問題解決で、ブラジルの信用格付維持や負債返済をと奮闘したが、1年であえなく離任した財相の予言(?)がどんな形で現れるのか、気がかりなまま、新しい年への秒読み態勢に入っている。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか2020年6月5日 米国ブラジル極右政権 コロナで仲良く1、2フィニッシュか  新型コロナウイルスに関して今月中に、ブラジルの感染者、死者数が共に全世界で2位になることはほぼ間違いないと思われる。感染者に関してはすでに5月の時点で2位に躍り出ているが、死者の数でも現在は世界第4位。3位のイタリアとの差も3日夜の時点で1033人差。  ここ数日で […]
  • 身近な人を失う怖さと悲しみ2020年6月4日 身近な人を失う怖さと悲しみ  1月下旬の手術予定日の直前、息子が急に「僕を置き去りにしないよね」と聞いてきた。「する訳ないでしょ」と笑い飛ばしたが、その態度から「何か起きたら」と案じているのが分かった。その時は病院側の連絡ミスで手術は延期された。  2度目の予定日はコロナ感染が騒がれだした3月で […]
  • 《記者コラム》樹海=ボウソナロ、実は「無策という政策」?2020年6月2日 《記者コラム》樹海=ボウソナロ、実は「無策という政策」? 「コロナで高齢者を減らして年金負担を軽く」?  米ニューズウィーク誌は5月28日付ヤフーニュースで《ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?》との衝撃的なニュースを報じた。  《ブラジルが無策に転じたのは、コロナ対策会議で「高齢者が最もリスクが高い」と報告した […]
  • 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査2020年5月29日 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査  「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボウソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。  コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの […]