ホーム | コラム | オーリャ! | オーリャ!

オーリャ!

 先週「ブラジルには網戸がない」と書いたところ、編集部に幾つも反論のメールが届いた。ネットで「tela de janela」と検索すれば、網戸が見つかるという。
 さっそく調べてみると、確かにけっこうな商品数が販売され、取り付け業者もいるようだ。販売されていても、さほど普及していないように見えるのは、コラム子の行動範囲が狭いためか。網戸もそうだが、日本では通常、単に「蚊に刺されるのがイヤ」でいろいろな工夫をする。
 当地では蚊に刺されると、デング熱で命を落としたり、ジカウィルスで出生児が奇形になったりとシャレにならない病気が感染してしまう。
 中国製感電ラケットや虫除けスプレーだけでなく、本来ならもっと多種多様な防虫・殺虫用品が並んでいても良さそう。もし安価に蚊を防ぐ方法を発明・普及する人がいれば勲章モノ? (将)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために2016年1月12日 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために  ボウフラが湧いた―野外の水溜りではなく、我が家で数日放置したコップの中である。わずかな水があれば蚊は繁殖することを痛感させられた。 〃冬を知らない〃リオでは五輪期間の8月でも蚊が活発で、感染対策が必須だ。罹患患者の血液を吸った蚊が、他の人を刺すことでデング熱、チクングニア熱、 […]
  • 大耳小耳2017年2月23日 大耳小耳  在リオ日本国総領事館はカーニバル観覧時に、蚊が媒体する感染症(ジカ熱、黄熱病、デング熱、チクングニア熱、マラリアなど)へ注意するよう呼びかけた。防蚊対策としては、長袖シャツや長ズボン等を着用し、肌の露出を減らす。ディート(DEET)やイカリジン等の有効成分を含む「忌避剤」(R […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]
  • 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察2019年12月7日 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察  ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同 […]
  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]