ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | デング熱=聖州は1割の市で流行状態=例年なら4月がピークだが

こちらの記事もどうぞ

  • ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認2016年1月8日 ジカウイルス=小頭症の症例3千超す=ボリビアでも初の患者確認  保健省が5日、2日現在、ジカウイルス(ジカ熱)が原因と見られる小頭症の事例は20州と連邦直轄区684市で計3174件に及び、12月26日現在の2975件より6・6%増加したと発表と6日付エスタード紙が報じた。 小頭症が最も多い州はペルナンブコの1185人(151市)で、パライ […]
  • 13日は蚊の「Xデー」=デング熱患者48%増加2016年2月13日 13日は蚊の「Xデー」=デング熱患者48%増加  13日は軍兵士も動員し、全国的なネッタイシマカ撲滅キャンペーンが行われるが、11日の保健省の発表によると、1月3~23日にデング熱と診断された患者は昨年同期比48%増の7万3872人で、昨年以上の流行となる可能性が高い事が明白になったと12日付伯字紙が報じた。 15年のデング […]
  • ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘2018年11月27日 ネッタイシマカ撲滅週間開始=黄熱病やマラリアにも警鐘  本格的な夏を前に、25~30日にネッタイシマカ(Aedes […]
  • サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!2018年2月3日 サンパウロ州、市の、蚊の繁殖抑制対策費が削減=黄熱病流行の下地作った?!  黄熱病などの原因にもなる蚊の対策費用の2017年分支出を、サンパウロ州政府、サンパウロ市役所が共に削っていたことがわかったと、2日付現地紙が報じている。  2017年の保健対策への費用の見積もりは、サンパウロ州で1億9100万レアル、サンパウロ市で1億4300万レアルと、共 […]
  • 《ブラジル》デング熱の発生件数が昨年より89%減=「予防が効果的」と保健局語る2017年5月10日 《ブラジル》デング熱の発生件数が昨年より89%減=「予防が効果的」と保健局語る  ブラジル保健省の8日の発表によると、今年に入ってからのデング熱、ジカ熱、チクングニア熱の感染者数が昨年同期比で著しく減少した事が分かったと9日付現地紙が報じている。  減少が顕著なのはデング熱で、今年に入ってから4月15日までに発生した感染が疑われる件数は、昨年同期比88・ […]