ホーム | コラム | 樹海 | Kissの火災から3年経って

Kissの火災から3年経って

 3年前の1月27日未明、南大河州サンタマリアのナイト・クラブ「Kiss」で火災が発生、最終的に242人の犠牲者が出た▼事故直後は、天井が低く材料も可燃性のものだった、非常口や誘導灯などの不備で出口もないトイレに人が殺到するなど、安全基準を満たさない設備で営業していた事が問題視され、人が集まる場所の安全基準遵守などを謳った条例改訂も行われた。だが、サンパウロ市のポルトガル語博物館の火災後、同市内の博物館などを調べたら、未だに安全基準が徹底していない事も明らかになった▼サンタマリアでは火災から3周年の27日に追悼行事が行われたが、遺族達は同様の事故を防ぐための方策が徹底していない事や裁判が完結していない事への苛立ちや失意を隠さず、火災に巻き込まれたが助かった人達は、今も閉鎖空間や暗い場所が怖くてたまらないなどと吐露。3年経っても事故の後遺症が残っている事を目の当たりにする出来事だ▼一方、Kissの共同経営者の一人が最近、営業資格のない施設に営業許可を与えたとして行政機関や消防署を相手に賠償を求めていると聞き、事故さえ起きなければ安全基準を満たしていない事を知りつつ、のうのうと金儲けに勤しんでいたはずの人物が何を言うかと、片腹痛い思いもした▼ポ語博物館の火災では消防士が1人死亡したが、消防署の安全基準などを満たしていない施設に改善命令を出す機関の職員数はどれだけで、どんな活動を行っているのかも気にかかる。南大河州の火災を「他山の石」とし、施設の安全確保、条例整備、監査徹底などに繋げていかなければ、犠牲者や遺族は泣き寝入りとなるのみだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • これではクロロキンやイソジンを求めたくなる?2020年8月7日 これではクロロキンやイソジンを求めたくなる? 「これがコロナウイルス対策の世界のトップが言う言葉なのか」。世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が3日に発言した言葉に愕然とした。 「現状で特効薬は見つかっていないし、永久に見つからないかもしれない」。現在、世界中の人たちが、「第3段階まで行った」というワクチンが […]
  • 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?2020年8月4日 《記者コラム》樹海=なぜ今、200レアル新札発行なのか?  ブラジル中央銀行は突然、7月29日に「200レアル札」を8月から発行すると発表して、国民を驚かせた。1994年7月1日、レアル・プランが始まって以来、実に26年ぶりに最高額紙幣が更新されることになった。今年中に4億5千万枚も造幣すると発表されている。価値にして900億 […]
  • ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選2020年7月31日 ”今の状況”を変えかねない、米国大統領選  先週、大手週刊誌「ヴェージャ」が、「今、大統領選が行われたらボウソナロ氏が当選する」という調査結果を発表して多少話題となった。それに対し、「コロナ対策であれだけ失政をしておきながら、なぜ」と憤る人も少なくなかった。だが、「”今の状況”ならそうだろう」とコラム子は思った […]
  • 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語2020年7月28日 《記者コラム》樹海=実は壮大なブラジルの歴史物語 5億年と37億年の差  一般的には「ブラジルは独立200年未満の新しい国」で、「日本は数千年の伝統を誇る古い国」というイメージが強い。だが、見方を変えると、ブラジルの方がはるか古いものがある。地層だ。  日本で一番古い地層は、茨城県日立市の周辺の5億年前の地層だという。《茨 […]