ホーム | コラム | 樹海 | Kissの火災から3年経って

Kissの火災から3年経って

 3年前の1月27日未明、南大河州サンタマリアのナイト・クラブ「Kiss」で火災が発生、最終的に242人の犠牲者が出た▼事故直後は、天井が低く材料も可燃性のものだった、非常口や誘導灯などの不備で出口もないトイレに人が殺到するなど、安全基準を満たさない設備で営業していた事が問題視され、人が集まる場所の安全基準遵守などを謳った条例改訂も行われた。だが、聖市のポルトガル語博物館の火災後、同市内の博物館などを調べたら、未だに安全基準が徹底していない事も明らかになった▼サンタマリアでは火災から3周年の27日に追悼行事が行われたが、遺族達は同様の事故を防ぐための方策が徹底していない事や裁判が完結していない事への苛立ちや失意を隠さず、火災に巻き込まれたが助かった人達は、今も閉鎖空間や暗い場所が怖くてたまらないなどと吐露。3年経っても事故の後遺症が残っている事を目の当たりにする出来事だ▼一方、Kissの共同経営者の一人が最近、営業資格のない施設に営業許可を与えたとして行政機関や消防署を相手に賠償を求めていると聞き、事故さえ起きなければ安全基準を満たしていない事を知りつつ、のうのうと金儲けに勤しんでいたはずの人物が何を言うかと、片腹痛い思いもした▼ポ語博物館の火災では消防士が1人死亡したが、消防署の安全基準などを満たしていない施設に改善命令を出す機関の職員数はどれだけで、どんな活動を行っているのかも気にかかる。南大河州の火災を「他山の石」とし、施設の安全確保、条例整備、監査徹底などに繋げていかなければ、犠牲者や遺族は泣き寝入りとなるのみだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ!2019年12月3日 火は小さいうちに消し、屋根は晴天の間に直せ! アジア系が手を組んだ東洋街のブラックフライデー  「火は小さいうちに消せ!」「天気が良いうちに屋根を直せ」――これは人生においても、外交においても常に頭に置いておくべき金言ではないだろうか。  サンパウロ市のパウリスタ大通りに今年できたばかりの韓国文化院で、最近 […]
  • 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合2019年11月29日 2010年代最高のブラジルのサッカーの試合  23日に行なわれたサッカーのリベルタドーレス杯決勝、フラメンゴ対リーヴェル・プレイト戦には伯国中が熱狂した。あの試合からまだ1週間も経っていないが「2010年代の伯国で最高の試合」。そう呼んでも過言ではない気がする▼少なくとも、コラム子の経験に照らし合わせてみれば、間 […]
  • 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う2019年11月28日 平和の巡礼者フランシスコ法王の日本訪問に思う  フランシスコ法王が23日から日本を訪れ、被爆地の長崎と広島などを訪れた。ローマ教皇の日本訪問は38年ぶりで、カトリック信者か否かに関わらず、大勢の人が法王の言葉に耳を傾けた▼法王が訴えた事の一つは核兵器廃絶だ。平和と安定への望みは人の心にある最も深い望みの一つである事や、核兵 […]
  • 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案2019年11月26日 《ブラジル》財政支出と政治家数を大胆に減らす名案  「政府支出削減のために政治家を減らす」――11月5日に連邦政府から上院に送られた連邦政府関連の憲法補足法案集(PEC)には、そんな素晴らしい名案が含まれている。  なにかと暴言、名言の多いボウソナロ政権だが、ゲデス経済相が出す法案には、やはりみるべきものがある。 […]