ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 日本語学習の効果?=躾も身に付いたロレンゾ君

こちらの記事もどうぞ

  • 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」2018年8月8日 漫画の学術セミナー初開催=研究対象としての多角的に分析=明大・小林副学長「先進的な例」  サンパウロ市のリオブランコ大学は7月21日に「漫画―歴史、様式、社会的役割―」と題したセミナーを開催し、同学や市内の他大学の教授らが講演を行った。セミナーを後援した明治大学からは小林正美副学長が来伯。小林副学長に漫画の文化としての側面や、同セミナーの意義を取材した。 […]
  • ふれあいセミナー開講式=105人参加、日語で交流深め2018年1月17日 ふれあいセミナー開講式=105人参加、日語で交流深め  ブラジル日本語センター(立花アルマンド理事長)が主催する『第19回日本語ふれあいセミナー』の開講式が、16日にサンパウロ市のブラジル霊友館で行われた。12~18歳の日本語を学ぶ生徒105人が集まり、19日まで共同生活を行う。  セミナーでは日本語や日本文化に触れ、生 […]
  • 田中慎二画文集「アンデスの風」=サンパウロ市在住 中島 宏2017年12月5日 田中慎二画文集「アンデスの風」=サンパウロ市在住 中島 宏  田中慎二さんの新しい書籍「アンデスの風」が出版された。  これは絵画と文章とが同居したスタイルを持つ、ユニークな本である。今まで田中さんは「移民画家・半田知雄・その生涯」と「ブラジル日系美術史」などを執筆されてきたが、いずれもブラジル日系社会において、非常に重要な位 […]
  • 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(13)=非日系主体の日本語教師陣2017年4月21日 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(13)=非日系主体の日本語教師陣  「日本祭り」後に田辺さんに呼ばれ、「ぜひ日本語教師を取材してくれ」と声をかけられた。さっそく会うと、JICAボランティア関係以外の大半が非日系だが、しっかりとした日本語で取材に答えた。  生粋のPVっ子の日本語教師フェルナンダ・ラッパさん(21)は、日本語の勉強を始めて […]
  • 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市2016年11月22日 近年最多の盛況見せる=文協春の古本市  文協図書委員会(川原崎隆一郎委員長)が6日、恒例の『春の古本市』を文協ビル展示室で開催した。ボランティアと委員会メンバー約45人が協力し、日本語の文学書や雑誌、漫画、辞書や専門書など約1万冊を2~10レという格安価格で販売した。  開場する午前9時前からすでに4、50人 […]