ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ジカ熱研究=伯米での協力正式決定=小頭症の事例はさらに増加

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》7州でチクングニア熱増加=セアラー州では流行状態2017年7月28日 《ブラジル》7州でチクングニア熱増加=セアラー州では流行状態  チクングニア熱への注目度は黄熱病患者急増で落ちていたが、6月24日(第25週)までの統計では7州で患者が増えており、保健省が警告を発したと27日付現地紙サイトが報じた。チクングニア熱は、デング熱やジカ熱と同様、ネッタイシマカが媒介する。  6月24日現在の全国の患者数は昨年 […]
  • 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図2017年5月25日 米州のジカ熱はブラジル発=ウイルスの遺伝子で系統図  2015~16年に流行し、ブラジルだけで20万人以上の患者が確認されたジカ熱は、小頭症児の誕生などの問題も引き起こした上、少なくとも10カ国に広がった。  ブラジルのジカ熱ウイルスがどこから持ち込まれてきたかは定かではないが、研究者のグループが、米州大陸で確認されたウイルス […]
  • 南東部で小頭症児増加傾向=サンパウロ州やリオデジャネイロ州で急速に2016年11月11日 南東部で小頭症児増加傾向=サンパウロ州やリオデジャネイロ州で急速に  昨年8月以降、北東部を中心に発見され、ジカ熱からの発症が有力視されている小頭症児が、現在は、サンパウロ州やリオデジャネイロ州などの南東部で増えてきていると6日付エスタード紙が報じている。  連邦政府が昨年11月11日に緊急事態宣言を出して以来、母親のジカ熱感染が原因とされる […]
  • ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に2016年7月20日 ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に  保健省が発表した統計によると、今年に入ってから6月11日までに発生したジカ熱患者は16万5932人、デング熱患者は134万5286人、チクングニア熱患者は13万7808人に上ると18日付G1サイトが報じた。 ジカ熱患者は、前回発表からの2週間の間に1691人増えている。ジカ熱 […]
  • 東西南北2016年6月17日 東西南北  「リオ五輪の前にジウマ大統領の罷免問題決着を」と願っていたテメル暫定政権だったが、弾劾裁判実施か否かを決める上院本会議は8月初旬となった上、トランスペトロ元総裁のマシャド氏のデラソン(報奨付供述)が浮上した。デラソンそのものは、連邦検察庁も「既に極めて多数の証言が集まり、事件 […]