ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ドッセ川での漁は禁止=鉱滓ダム決壊で不安残り

ドッセ川での漁は禁止=鉱滓ダム決壊で不安残り

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • ■今週末の催し2009年8月7日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2009年8月7日付け 土曜日  第三十三回老人クラブ大会・芸能祭、八日午前八時半、文協大講堂(サンジョアキン街381)     □  生長の家ブラジル伝道本部全国大会、八日午前九時、Transamerica Expo […]
  • スザノイペー祭り、30日=桜やコスモスも見ごろに2015年8月20日 スザノイペー祭り、30日=桜やコスモスも見ごろに  スザノ市のイペランジアホーム(三島勝彦施設長)が30日午前10時から、『第31回イペー祭り』を同ホーム(Estrada do Tani, 751, Vila […]
  • 百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第6回裏切られた自尊心=理解されない移民の心情2008年7月26日 百年の知恵=移民と「日本精神」=遠隔地ナショナリズム=第6回裏切られた自尊心=理解されない移民の心情 ニッケイ新聞 2008年7月26日付け […]
  • リベイロン・プレット=ジョアキンちゃん遺体で発見=疑惑の両親を一時逮捕へ2013年11月30日 リベイロン・プレット=ジョアキンちゃん遺体で発見=疑惑の両親を一時逮捕へ ニッケイ新聞 2013年11月12日  【既報関連】8日付本紙でも報じた、サンパウロ州リベイロン・プレットで行方不明になっていた3歳の糖尿病患者の少年ジョアキン・ポンテ・マルケスちゃんの遺体が10日、バレットス市内の川で発見された。11日付伯字紙が報じている。 […]
  • 東西南北2020年6月5日 東西南北  昨日付の本面でも報じた、連邦政府の黒人保護団体「パルマレス文化財団」のセルジオ・カマルゴ会長による黒人運動批判が発覚した件で、同会長に対する強い社会的批判が起こっている。連邦直轄区にある21の文化団体からなるグループや連邦公安庁(DPU)などが即時会長解任を求めている他、下院 […]