ホーム | 日系社会ニュース | 川崎10代男性、ジカ熱感染=中南米流行以降、国内初=ブラジルに滞在

川崎10代男性、ジカ熱感染=中南米流行以降、国内初=ブラジルに滞在

 【共同】厚生労働省と川崎市は25日、ブラジルに滞在し帰国した川崎市の10代男性が「ジカ熱」に感染していることが確認されたと発表した。中南米での流行拡大以降、国内で感染者が確認されたのは初めて。過去には2013~14年、海外で感染し帰国後に発症した日本人が3人いる。
 国立感染症研究所(東京)と地方衛生研究所の遺伝子検査で、ブラジルで流行しているウイルスの感染が判明した。男性は熱が下がり、現在は自宅で療養中。厚労省は記者会見で「(冬場の今は)蚊のシーズンではないので国内での感染拡大の恐れはない」と説明した。
 政府は同日夜、関係省庁対策会議を開き、国と自治体、医療機関が一体となって予防や拡大防止に取り組む方針を確認した。
 専門家によると、ジカ熱は主に蚊に刺されて感染し、発熱や発疹などを伴うが大半は軽症。
 厚労省によると、男性は家族と観光目的で9日から20日までブラジルに滞在し、滞在中か帰国途上の20日に発熱、22日に帰国したという。20日に38度弱の発熱があったが、帰国時の検疫所でのサーモグラフィーでは検知されず、水際対策が奏功しなかった。
 流行地域のブラジルでは胎児や新生児の頭が小さくなり知的障害を伴うこともある小頭症が急増しており、妊娠中の感染との関連が疑われている。世界保健機関(WHO)は2月1日、公衆衛生上の緊急事態を宣言した。
 リオ・デ・ジャネイロでは8月に五輪が開催され、多くの関係者が訪れるため、現地での感染が懸念されている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館2016年7月6日 被害申告書に日本語訳=五輪向け、リオ総領事館  【リオ・デ・ジャネイロ共同】8月のリオ五輪で多くの日本人が応援に訪れることを見込み、在リオ・デ・ジャネイロ日本総領事館はこのほど「安全の手引き」を作成した。ブラジルの治安の悪さは世界有数で、期間中に窃盗や強盗被害が出るのは避けられない情勢。同館は日本語訳付きの被害申告書をウェ […]
  • ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る2016年6月16日 ジーコ氏、W杯の過ち懸念=五輪日本代表に助言とエール=本大会開幕まで50日切る  元サッカー日本代表監督のジーコ氏(63)が、リオ五輪に臨む23歳以下の男子日本代表について語った。1日に行なわれたジャパンハウスの会合を終えた後、取材に応じた。 「今の代表選手についてあまり知らない」というジーコ氏だが、「前回ロンドン大会でベスト4になったし、これまでの成績を […]
  • 一部競技から支援要請も=聖市で第2回リオ五輪会合2016年6月22日 一部競技から支援要請も=聖市で第2回リオ五輪会合  在聖総領事館や日系団体などで構成されるリオ五輪サンパウロ連絡協議会が8日午後、第2回会合を行なった。リオの治安やジカ熱などの懸念事項について近況報告がなされ、来伯選手団の受け入れや観戦に訪れる邦人保護について話し合われた。 翌日、中前隆博総領事が取材に応じた。同館は来訪者向け […]
  • 妊婦からの電話相談に対応=政府、ジカ熱で追加対策2016年4月2日 妊婦からの電話相談に対応=政府、ジカ熱で追加対策  【共同】中南米を中心に流行するジカ熱で、政府は1日、感染を心配する妊婦からの電話相談に応じる仕組みを5月上旬にも全国に整備することなどを盛り込んだ追加対策を公表した。自治体や企業なども参加して、媒介する蚊を駆除する「国民運動」も展開する。 夏に向け蚊の活動が活発になる上、8月 […]
  • 梅田大使=「日系社会との連携強化する」=リオ五輪で皇族来伯期待=婦人部高く評価、日本招聘へ2016年4月6日 梅田大使=「日系社会との連携強化する」=リオ五輪で皇族来伯期待=婦人部高く評価、日本招聘へ  梅田邦夫駐ブラジル日本国特命全権大使が3月31日に来社し、リオ五輪や日系社会との連携強化について説明、「ブラジルが世界有数の親日国となったのは、日系社会の貢献によるもの。それが世代交代を迎えており、今まで一、二世は何も言わずとも協力してくれたが、若い世代にはこちらから働きかけ […]