ホーム | 日系社会ニュース | 会議所シンポ 景気回復はいつ?=今年が底か、出口はどこに=(下)=健闘する日系自動車メーカー

会議所シンポ 景気回復はいつ?=今年が底か、出口はどこに=(下)=健闘する日系自動車メーカー

160229-camara2-fuka 溝口イサオ自動車部会長は、昨年まで四輪販売実績は3年連続で前年を下回る実績と報告。15年の国内販売実績257万台(前年比27%減)に対し、自動車製造業連盟は16年を238万台まで落ち込むと予測するが、同部会では200~210万台とさらに悲観的な展望をしている。
 13年から昨年まで上位3社(1位フィアット、2位ワーゲン、3位シボレー)に対し、日系3社(7位トヨタ、8位ホンダ、9位日産)のシェアが上がっている。まだ順位こそ変わらないが、上位3社、日系3社のシェア変遷は13年《56%対10・5%》、14年《54・2%対11・6%》、15年《47・1%対15・3%》となっており、日系メーカーの健闘ぶりが目立っている。
 同部会は《自動車市場の回復時期は2018年以降》と予想し、次回大統領選後に本格化すると総括した。
 千野浩毅〈ちのひろき〉電気電子部会長は、「レアル安・製品値上げ」「不況・失業率上昇」「インフレ・消費者金利上昇」「政局混乱・回復期待後退」の〃四重苦〃が昨年7月頃に起きて、景気が一気に冷え込んだとし、それまで成長株だった電子レンジやエアコンまで落ち込んだと発表した。《16年に環境の改善は望めないが、これ以上の悪化はない》と見ている。
 不況に強いと言われる食品部会だが、藤江太郎部会長は《底堅い食品市場ではあるものの、全体として内食、外食ともに低調》とし、飲料・調味料・スープ共に現状維持か微増と発表した。
 細谷浩司運輸サービス部会長は「引っ越しの荷動きを見る限り、日本人駐在員数は減と予測」、航空旅客業界の15年国際線に関し、合計で旅客が10%増、不況の影響で《日本へのデカセギ需要が徐々に増加》と見ている。IT業界の15年回顧では《新規日本企業進出案件は減少》との報告もあった。年々増加傾向だった携帯電話契約数が昨年ついに減速した。古いタイプの携帯が大きく落ち込んだことが影響したが、スマートフォン販売台数は堅調で、全体比率の9割近くを占めるに至っている。
 藤井健建設不動産部会長は、「ゼネコン業界には大変厳しい年になった」「賃貸マンションの賃料がついに下落」「マンション価格が下落、失業率上昇で解約40%」と回顧した。《欧米企業がブラジル企業を買いあさっている今、日本企業によるM&Aがあるか?》《失業率の上昇により、有能な人材が集まっているか》とまとめた。
 経済産業省中南米室長の菅原廣充氏は講評として「ほぼマクロ動向分析の通り。今の大統領が続く限りは政治的が混乱は続き、経済に影響しそうだ」、在伯に本国大使館の小林和昭参事官は「今回5回目のシンポ参加。オリンピック開催年にこれほど景気の悪かった国は他にないのではないか」との感想をのべた。
 本紙の取材に対し、平田藤義事務局長は「シンポの発表内容は2014年後半から悪化しっぱなし」との感想をのべつつ、「その中でも注目すべきはヘルスケアやジカ熱関係(化学)で新市場を切り開いているところもあれば、競合がバタバタと斃れる中で生き残ってむしろ大きくなったところもある点」と強調した。(終わり)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」2017年5月24日 《ブラジル》日本企業8社=説明会の手応えは十分=直接雇用、長く働く人希望=「技術の継承が悩み」  日本の経済産業省が主催する『合同企業説明会』が19から21日の間、サンパウロ市の文協とマリンガ市内ホテルで計3回開催され、合計の来場者は予想をはるかに超える267人だった。日本の素形材産業関連企業8社が参画し、直接雇用を前提に来場した求職者と直接面談を行ない、当地の状 […]
  • 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減2017年5月23日 《ブラジル》自動車業界にも時代の波=古豪3社のシェアが激減  ブラジルの自動車製造業界では07年以降、景気後退による売上激減や消費者の趣向の変化が起きており、古豪3社のシェアも激減したと22日付現地紙が報じた。  競合するメーカー出現と大衆車の需要減少は、スポーツタイプの車を愛好する消費者が増えた事などとも相まって、業界再編を促した。 […]
  • 商議所=業種別部会長シンポ=「潮目に乗り遅れないで」=回復予測前倒しの業界も2016年8月27日 商議所=業種別部会長シンポ=「潮目に乗り遅れないで」=回復予測前倒しの業界も  「リオ五輪を高いレベルで運営をやり遂げ、ブラジルの底力を世界に発信した。ブラジルは今、潮目、変わり目と捉えている。乗り遅れないようこの機会にしっかり現状認識を」―25日午後、サンパウロ市内ホテルで開催されたブラジル日本商工会議所の総務・企画委員会(大久保敦委員長)主催の業 […]
  • 両国関係を新しい段階に=「日伯交流の展望」セミナー=サンパウロ州工業連盟と人文研2016年2月26日 両国関係を新しい段階に=「日伯交流の展望」セミナー=サンパウロ州工業連盟と人文研  サンパウロ州工業連盟(FIESP、パウロ・スカッフィ会長)とサンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)が日伯外交樹立120周年を記念した「日伯交流の展望」セミナーを22日に同連盟講堂で開催し、約200人が終日、ブラジル人企業家の視点から見た両国協力関係の今後や、日系人の貢献な […]
  • 大耳小耳2018年5月31日 大耳小耳  米国出身の演歌歌手ジェロさん(36)が今月12日、音楽活動の無期限休止を自分のブログで発表した。紅白にも出場し話題となったが、米ボストン大大学院修了しコンピューター関係の仕事に就くことにしたという。一方、ブラジル出身の演歌歌手エドアルド(34)は今月発売のカラオケ雑誌に記事が […]