ホーム | コラム | オーリャ! | ジカ熱×バファリン=危険!

ジカ熱×バファリン=危険!

 ジカ熱にかかったらバファリンの服用は厳禁―!? 先日、医者からそんな話を聞いて、今後の来伯邦人が心配になった。

 バファリンとは日本の代表的な頭痛薬で、必ず一家に一箱あるほどの代物。最近の弊紙研修生も日本から持ってくるようで、万能薬といった印象だ。

 アスピリンという成分が駄目で、発疹や出血などの副作用が出るという。体調不良になった来伯者は「とりあえずバファリン」とならないか。「いやむしろ、手っ取り早い判断材料になるんじゃ?」と、意地悪な同僚が横槍を入れる。いくらなんでも少し危険のような…。

 ところで先日、夏風邪に1週間も悩まされたコラム子は、当地の薬が全く効かず副作用を知りながら結局バファリンに頼り完治した。ジカ熱ではなかったのだと安堵したばかり。薬品の服用は自己責任で!   (祐)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ジカ熱対策は女子ラグビーに学べ2016年2月25日 ジカ熱対策は女子ラグビーに学べ  ジカ熱の恐怖は当地よりも、日本で大きく報道されている印象だ。日本の友人、家族からは「ジカは大丈夫?」「もう帰ってきたら?」とまで言われる始末。 先週来聖した女子ラグビー日本代表チームの冨田選手に話を聞くと、「凄く危険なイメージを持ってきたが、当地の人が半袖で普通に暮らしている […]
  • ジカ熱という「国際衛生緊急事態」でも、いつも通り?2016年2月3日 ジカ熱という「国際衛生緊急事態」でも、いつも通り?  今年の初めにサンパウロ市のメトロが値上げになって以来駅の切符売り場の行列が長くなっているのは気のせいだろうか。「列が意外と短いな」と思ったら、最後尾は果てしなく伸びた先から戻ってきたのだと知り唖然とした。 気が短いブラジル人だが、列に並ぶ時は案外大人しい。「切符売りなんてダラ […]
  • 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために2016年1月12日 五輪でデング熱を日本に持ち帰らないために  ボウフラが湧いた―野外の水溜りではなく、我が家で数日放置したコップの中である。わずかな水があれば蚊は繁殖することを痛感させられた。 〃冬を知らない〃リオでは五輪期間の8月でも蚊が活発で、感染対策が必須だ。罹患患者の血液を吸った蚊が、他の人を刺すことでデング熱、チクングニア熱、 […]
  • オーリャ!2015年12月29日 オーリャ!  先週「ブラジルには網戸がない」と書いたところ、編集部に幾つも反論のメールが届いた。ネットで「tela de […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]