ホーム | コラム | 樹海 | 自己保身の思いが目を曇らす

自己保身の思いが目を曇らす

 ブラジル史上最大規模の抗議行動が起きた13日、ジウマ大統領やその側近は予想を上回る参加者数に驚いたと14日付伯字紙が報じた。彼らの予想では昨年3月の規模を上回る事はないと踏んでいたのに、蓋を開ければ、軍警発表で360万、主催者側発表で600万超の人々が街頭に出た▼ジウマ氏は同日、「抗議行動は民主主義が認める正当な行為」と述べたものの、これ程の数の国民が大統領罷免を求め、反政府、反ルーラといった声を上げた事に慌てた現・前大統領は、ルーラ氏を閣僚に据え、同氏逮捕や大統領罷免回避、経済再建の三つを狙うという策を急速に進めた▼罷免回避や財政調整案の議会通過を図るために考えられていたのは大統領府総務室長官職だった。だが、経済に口を挟むためには官房長官にという事で落ちが付いたのが16日。平和裏に行われた抗議行動は、僅か3日後に踏みしだかれたと言ったら言い過ぎか▼ジウマ、ルーラ両氏は、前大統領を閣僚にすれば同氏の逮捕やパラナ連邦地裁でモロ判事に裁かれるのを回避できる、連立与党がまとまれば罷免請求を否決できるし、財政調整案や増税案も承認され、外貨準備高を崩して国が抱える負債の縮小も図れる等々、多くの事を期待している。だが、果たしてそうは問屋が卸してくれるか▼14日付伯字紙には、現政権は統治能力をなくし、政治家達も国民の代表としての機能を果たしていないとの批評もあった。現・前大統領が自己保身を願って国民と乖離した事が、抗議行動の規模や国民の声を読み間違え、良識者が呆れる策をとらせた原因なら、二人共物笑いの種とされ、落ちるところまで落ちるしかないだろう。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史2020年2月21日 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史  「韓国のカルチャーが世界的に熱い」。それはだいぶ以前から言われていたことだが、その印象は9日、アカデミー賞で同国の映画「パラサイト」が、史上初の「英語以外での外国映画で初の作品賞」という快挙を成し遂げて以降、さらに強くなっている。  思い返せばそれだけではない。今や […]
  • 井戸を掘った人達を忘れるな2020年2月20日 井戸を掘った人達を忘れるな  15~16日に開かれたサンパウロ州最大のカラオケ大会「パウリスタン」の開会式で、憩の園の佐藤直会長が、「入居者の多くは現在の日系社会の基礎を作って下さった方達」という趣旨の発言をされたのが心に残った▼日本移民112年だから、今年が100周年にあたる県人会もあるだろう。ブラジル […]
  • 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!2020年2月18日 県連日本祭りで「日本移民ショー」改訂版再演を!  「こんな解釈があるのか!」――9日に行われた憩の園チャリティ歌謡祭「日本移民ショー」の出だしは、実に衝撃的だった。  90年代に一世を風靡した、当時の若者風俗を代表するような尖ったビジュアル系ロックバンド「XJapan」の音楽を使って、「明治の精神」を受け継ぐような […]
  • 東京五輪でドリームチームが生まれるか2020年2月14日 東京五輪でドリームチームが生まれるか  実はブラジル内ではさほど大きなニュースにはなっていないが、むしろ日本のスポーツ・ファンの方が気にしているであろうから言うが、9日、男子サッカーのブラジル代表が南米予選通過を決めた。  これが日本だと、「サッカーの五輪代表」などというと、サッカー・ファンなら本代表と同 […]