ホーム | コラム | 樹海 | 失業や物価高を工夫で凌ごう!

失業や物価高を工夫で凌ごう!

 最近の伯国の経済記事は、インフレや失業率の上昇で実質所得が減り、消費者の購買力が低下といった内容が多い。2月のインフレは0・9%、直近12カ月だと10・36%といった数字を見て、給与はそんなに上がらないのにと嘆く人も多い事だろう▼現在のインフレは、月80~90%を記録したコーロル政権時のようなハイパー型ではない。だが、あの頃の給与は毎月調整され、給料日後は目減りしないうちに大量に買い物をする姿も見られた。それに対し、今は年1度の調整の人が多く、給与が目減りして、月末はお金が足りなくなる人も多い▼そんな中、アタカード(卸)とヴァレージョ(小売)を兼ねた「アタカレージョ」と呼ばれる店の利用者が増えている。この手の店は13年~15年に68%増えた。アタカレージョ利用者中、一般消費者の割合は15年が18%、今年は30%。昨年のスーパーの売上は4・5%減だが、アタカレージョは12・1%増えており、経費削減のためにアタカレージョを利用する人が増えた事がわかる▼アタカレージョ利用者は購入額が12%減ったのに購入した品数は9%増えているともいい、店を代える事で得る効果は大きい。また、アタカレージョを使う他、バーゲンを利用、市販品を手作りの品に代える、レストランやショッピングに行く回数を減らして家でシュラスコなどを行う、娯楽のあり方を考え直すといった工夫をする人もいる。麺つゆや衣服の柔軟仕上げ剤、台所の油汚れを掃除する液剤などを手作りし、大好きなお菓子作りで副収入を得るなどの工夫を重ね、失業の憂き目や購買力低下を補う頼もしい人も増えているようだ。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 生き残りを模索するニッケイ新聞2019年6月25日 生き残りを模索するニッケイ新聞  日本移民の日の特集号に掲載した「サンパウロ新聞廃刊の経緯」には、日本側を含め、各方面からたくさんの反響が寄せられた。それだけあの廃刊は大きな衝撃を与えたのだと痛感した。  と同時に、「ニッケイ新聞はどう生き残るつもりなのか。戦略を説明しても良いのは」という意見も頂戴 […]
  • 「言葉の力」を大切に2019年6月20日 「言葉の力」を大切に  知人との会話の中で、「言葉の力」という言葉が出てきた。「愛」「感謝」といった言葉を書いた紙の上に水の入った入れ物を置いておくと、水の分子が雪の結晶のようなきれいな形になり、水質もよくなるが、「憎しみ」「怒り」といった言葉を書いた紙の上だと、分子はきれいな形にはならないという内 […]
  • 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎2019年6月18日 日本で一番、ブラジル日系社会の書籍出す無明舎  「本にして残せば、その記録は永遠に生きていく、というのが私の信念です」――日本では数少なくなってきた地方出版、その雄ともいえる秋田県の(有)無明舎出版の安倍甲社長(あんばい・はじめ、69、秋田県秋田市在住)が着伯した14日に来社した際、そんな印象に残る言葉を残した。 […]
  • 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判2019年6月14日 「ヴァザジャット」で腑に落ちたモロの本当の評判  9日の夜から、伯国は、通称「ヴァザジャット」と呼ばれるスキャンダルで揺れている。ラヴァ・ジャット作戦を指揮していた二人のリーダー、セルジオ・モロ法相とデウタン・ダラグノル捜査官が、違憲とされている「判事と検察の協力」を行なっていたことや、ダラグノル氏に関しては、実はル […]