ホーム | 文芸 | 刊行 | 創刊50周年記念『ブラジル日系文学』刊行

創刊50周年記念『ブラジル日系文学』刊行

 『ブラジル日系文学』52号が刊行された。
 創刊50周年にあたり、記念特集「ニッケイと文学 いったい何を書いてきたのだろうか」を組んだ。伊那宏さん、宮尾進さん、細川周平さん、醍醐麻沙夫さんなど15人が執筆。
 その内、日系人として初めてブラジル出版界の最高峰「ジャブチ賞」を受賞した中里オスカルさんや、エスタード紙論説委員の保久原ジョージさん、TVクルツーラ編集局長の平リカルドさんら6人の文章は日ポ両語で読める。
 また第33回武本文学賞の小説、随筆、翻訳、俳句、短歌の各部門における入賞作品も掲載。
 その他「ブラジル政府の翻訳助成制度について」(小高利根子(こだかとねこ))、「第二次ジルマ政権の運命」(空出木)など。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も2017年5月24日 『西風』=巻頭に宮尾進さん追悼集=あの中村八大との秘話も  西風会は『西風』第5号(207頁)を先月刊行した。毎月1回集まって議論をする私的な研究会で、体験談や調査内容を半年に一度ほど出版している。  5冊目の巻頭特集は、昨年10月30日に亡くなったサンパウロ人文科学研究所元所長で西風会の中心メンバーでもあった宮尾進さんの追 […]
  • 『日系人経営者50人の素顔』=50人を下巻で網羅、出版2019年4月27日 『日系人経営者50人の素顔』=50人を下巻で網羅、出版  カンノエージェンシーとサンパウロ新聞社がブラジル日本人移民110周年記念として『ブラジル日系人経営者50人の素顔』下巻を出版した。日ポ両語版。  案内に来社したカンノエージェンシーの菅野英明代表は、80年代から日系社会に関わり続けている。「移民史の中で経営者の話がな […]
  • ブラジル生活50年の集大成=自分史「岸本晟文書」出版2016年6月30日 ブラジル生活50年の集大成=自分史「岸本晟文書」出版  1965年に渡伯した岸本晟さん(76、兵庫)は昨年、ブラジル生活50周年の節目を迎えた。その集大成として執筆した書籍『岸本晟文書』を、希望者に配布している。 同書は6部構成。「学移連出身・南伯雇用移住者・在伯五十年の記録」「ポルトガル語による農業分野の発表」「投稿記事と掲載記 […]
  • 「ピンドラーマ」1月号配布中2020年1月8日 「ピンドラーマ」1月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」1月号が出版された。  加山雄二郎氏の「魔詞不思議なブラジル経済」では、昨年のブラジル経済的政策を解説。2020年はボウソナロ政権2年目。その経済の興味深い展望を考察している。その他「白洲太郎のカメロー万歳!」、イベント、飲食店、 […]
  • ピンドラーマ=12月号配布中2019年12月6日 ピンドラーマ=12月号配布中  コジロー出版のブラジル情報誌「ピンドラーマ」12月号が出版された。  「ブラジル社会レポート」では、美代賢志氏が19年11月13、14日にブラジリアで開催された、BRICS首脳会談などのニュースを紹介。各国の政治的・経済的な動きについて、分かりやすく説明している。  「ブ […]