ホーム | コラム | 樹海 | 日本人のツボにはまったドン・ペペの清貧振り

日本人のツボにはまったドン・ペペの清貧振り

現役時代のムヒカ大統領(2014年10月26日、Foto: Presidencia do Uruguai)

現役時代のムヒカ大統領(2014年10月26日、Foto: Presidencia do Uruguai)

 弊紙サイトの「ムヒカ大統領のリオ会議スピーチ」が先週から連日アクセスのトップにあるので、「なぜ?」と思っていたら、本人が訪日していた。どうやら「世界で一番貧しい大統領」ドン・ペペ(80、前ウルグアイ大統領)は、日本人のツボにはまったようだ。彼に関する本がベストセラーになり、日本の話題をさらっているらしい▼「共和制とは多数決なんだ。多数と同じ生活をしないと国民の気持ちは分からない」との独自哲学から、国民と同じ水準の生活をし、気持ちを共有するのだという。日本人好みの〃横並び〃や〃清貧〃の思想を地でいく稀な人物だから、日本で受けるのも当然かもしれない▼フジテレビの8日放送の緊急特番『日本人は本当に幸せですか?』を見る機会があったが、のっけから「日本中が待ちわびている」「世界(?)が注目する人物」とまるで「聖人」扱いなのに驚いた。この扱いはやりすぎだろう。ドン・ペペの問いかけが番組タイトルになり、それを軸に、番組は進行する▼彼を世界的に有名にした2012年「リオ+20」国際会議でスピーチの言葉の一つ「貧乏な人とは、少ししか物を持っていない人ではなく、いくら持っても満足しない欲深い人だ」は確かに肯ける▼番組では世界幸福度ランキングで日本は、13年より15年調査では7ランク下げて53位だったことも紹介する。15年の1位はデンマーク、ウルグアイは29位だ。国民の幸福度と、物質的な豊かさの基準とされる国内総生産とはまったく関係がない。物質的に最低限でも、考え方次第で十分に幸せになれるということだ▼ドン・ペペは幸福であることが一番重要であり、過剰消費主義がそれを邪魔していると批判する。現代人の一生は、次々に出る新商品を買うことに気を取られ、代金を払い続けるために捧げられているという。その結果、過剰な資源消費をし、地球環境の破壊という負担を次の世代に後回している▼彼の言葉で言えば、こうなる。「エゴイズムは競争を生み出し、科学や技術の進歩をもたらしました。だが、同時に危険なほどの欲望も生み出したのです。その欲望は全てを破壊しかねません。私たちは地球上のすべての人々が生きて行けるだけの資源を持っているのです。それなのに私たちは地球に〃借金〃をしている状態です。こんな愚かな間違いをしないように若者に伝えなければいけない」。NPOの若造に同じことを言われても聞く気がしない人でも、ドン・ペペが好々爺然とした風貌で言うと、つい聞いてしまう▼都内を移動中の車で、「なんでヨーロッパ系のモデルを広告に使うの。美しい日本人女性がいるのに」と不思議がる。全く同感だ。そこで同行記者から「日本人が幸せになるために何が必要か」と尋ねられ、すかさず「過去の歴史に自分のルーツを見つけ出す必要がある。かつての日本人はすごく強かったんじゃないかな。多くの障害を乗り越える強さを持っていた」と言い放つ。「今の日本はあまりにも西洋化してしまい、本来の歴史やルーツは、どこにいってしまったのかと問いたくなる。違うかね?」とも。これは移民が昔から邦字紙上で叫んできたことと全く同じ。「ヨッ!大統領。よくぞ言ってくれた」と快哉を挙げる弊紙読者も多いだろう▼これがブラジル大統領だったら―と心底思う…。南米の小国の前大統領が日本で聖人扱いの大歓迎を受けているのと正反対に、昨年末2度目の訪日ドタキャンをした南米の大国の大統領は、今週が〃人生最低の日〃になるかもしれない。(深)

必読=「ウ国外交界の頭痛の種=ドン・ぺぺの率直な発言語録=パラグァイ 坂本邦雄」
https://www.nikkeyshimbun.jp/2014/141203-61colonia.html

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで2019年7月16日 『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』を読んで  ペルーに6年住み、南米を取材して回った経験がある元朝日新聞記者、三山喬(たかし)さんの新著『還流する魂(マブイ) 世界のウチナーンチュ120年の物語』(岩波書店)が手元に届き、パラパラと見ていて次の一文を見つけて、アッと唸った。  《世界のウチナーンチュ […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]
  • むしろ、ばらされた方が良かったこと2019年7月6日 むしろ、ばらされた方が良かったこと  セルジオ・モロ法相が苦境に立ち続けている。サイト「ジ・インターセプト・ブラジル」からの漏洩文書を使った追及を道義的な問題にする人は少なからずいる。だが、「漏洩内容は国民の関心のあるもの」として、2度もルーラ元大統領絡みの漏洩で名をはせた同氏の主張の説得性に対する国民の […]
  • 極右VS極左の仁義なき戦い2019年7月2日 極右VS極左の仁義なき戦い  「こんなシュール(超現実的、奇怪)な光景が見られるとは…」――6月19日に上院憲政委員会でなんと9時間にわたって繰り広げられた、セルジオ・モロ法相を問い詰める政治家たちの鬼気迫る様子をテレビで見ながらそう感じた。両手に余る汚職告発をかかえていつ監獄送りになってもおかし […]