ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | メルコスル議会=伯国議員が祝会から退場=罷免問題での批判に抗議し=民主主義条項の適用は?

こちらの記事もどうぞ

  • 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘2016年11月1日 「トランプを支持するか否か」=なぜかブラジルの大通りで議論と乱闘  全国統一市長選の決選投票を翌日に控えた10月29日午後、サンパウロ市のパウリスタ大通りで、アメリカ大統領選の共和党候補、ドナルド・トランプ氏を支持する派、しない派に分かれて市民が集まって集会を行ったところ、両者の議論が白熱し、乱闘騒ぎとなって、警察が出動し、4人を補導する事態 […]
  • ジウマ停職に対する反応は=大半の国は当面は静観貫く2016年5月14日 ジウマ停職に対する反応は=大半の国は当面は静観貫く  ジウマ大統領が180日間停職となった報道は世界中を駆け回ったが、大半の国は、伯国の民主主義がこの状況を乗り越えるに足りるだけ成熟している事を信じるといった発言をするに止めていると13日付伯字紙などが報じた。 「オバマ大統領がテーメル暫定政権を公式に認める電話をかける事はない」 […]
  • セーラ=ベ国のメルコスル議長国阻止へ=FHCと共にウ国で会談=民主主義問題で強い疑問=左翼政権倒れて形成逆転2016年7月7日 セーラ=ベ国のメルコスル議長国阻止へ=FHCと共にウ国で会談=民主主義問題で強い疑問=左翼政権倒れて形成逆転  ジョゼ・セーラ外相(民主社会党・PSDB)は5日、カルドーゾ元大統領と共にウルグアイのモンテビデオに向かい、同国の首脳と会談を行った。目的は、南米共同市場(メルコスル)でベネズエラが次の議長国になるのを牽制するためだ。6日付伯字紙が報じている。 セーラ外相と、ウルグアイ側から […]
  • メルコスル=亜国とベ国が正面対立=マクリが政治犯釈放求める=今回のジウマの言動は?2015年12月23日 メルコスル=亜国とベ国が正面対立=マクリが政治犯釈放求める=今回のジウマの言動は?  パラグアイのアスンシオンで21日、南米共同市場(メルコスル)の首脳会議が開催され、ジウマ大統領も参加した。この日の会議では、アルゼンチンのマウリシオ・マクリ新大統領がベネズエラのニコラス・マドゥーロ政権に政治犯を解放するよう強く呼びかけ、ベネズエラ代表が反論する光景が見られる […]
  • Celac=具体案は何も決まらず=注目はベネズエラのみ2016年1月29日 Celac=具体案は何も決まらず=注目はベネズエラのみ  27日、エクアドルの首都キトで中南米及びカリブ海諸国首脳会議(Celam)が開かれ、33カ国の代表が参加したが、意見の一致を見ず、具体的対策を立てられないまま終わった。28日付伯字紙が報じている。 今年の会議の主題は、世界的な経済低成長と高インフレにより先行きが不透明な同地域 […]