ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 1日1千人がジカ熱感染?=擬似症患者は9万人以上=初めての全国統計出揃う

こちらの記事もどうぞ

  • チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える2016年12月13日 チクングニア=患者数は去年の10倍=死者は20倍優に超える  デング熱やジカ熱同様に蚊が媒介するチクングニア熱が猛威を振るっていると12日付グローボニュースが報じた。  チクングニア熱は発熱や発疹、痒み、関節痛など、様々な症状を呈する上、関節痛が長期間続く例も多い。  今年最初の37週間の患者数は23万6287人とされ、昨年同期の2 […]
  • ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に2016年7月20日 ジカ熱患者16万人超す=デング熱患者は134万人に  保健省が発表した統計によると、今年に入ってから6月11日までに発生したジカ熱患者は16万5932人、デング熱患者は134万5286人、チクングニア熱患者は13万7808人に上ると18日付G1サイトが報じた。 ジカ熱患者は、前回発表からの2週間の間に1691人増えている。ジカ熱 […]
  • ジカ熱=いつ感染しても胎児に影響=誕生時は正常な小頭症児も2016年11月25日 ジカ熱=いつ感染しても胎児に影響=誕生時は正常な小頭症児も  サンパウロ州で行われた、ジカ熱に感染した妊婦から生まれた子供の追跡調査の結果、小頭症以外の症状を呈した子供が3分の1いた事が判明した。また、ペルナンブコ州で生まれ、小頭症ではないと判断された子供2人は、誕生から数カ月後に数々の問題が生じ、脳の損傷が確認されたと22日付エスター […]
  • ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性2016年3月30日 ジカ熱=ブラジル侵入は13年か=コンフェデ杯が発端の可能性  24日発行の科学雑誌『サイエンス』に、ブラジルのジカ熱感染は2013年5月~12月に始まっていた可能性が高いとの記事が掲載された。 ブラジル初のジカ熱患者は、2015年5月に確認された事になっている。だが、ブラジル国内外の研究者達は、最初の感染は13年に起きていたと考えている […]
  • H1N1の脅威止まらず=既に過去2年の死者数突破2016年4月27日 H1N1の脅威止まらず=既に過去2年の死者数突破  【既報関連】保健省が25日、今年のA型インフルエンザ(H1N1)が原因の死者数は、既に14、15年の死者数の合計を超えたと26日付エスタード紙が報じた。 1月以降、4月16日までに確認されたH1N1による死者は230人で、早くも14、15年の199人を上回った。 また、H1N […]