ホーム | コラム | 樹海 | 他の人もやっていれば正当か

他の人もやっていれば正当か

 ジウマ大統領罷免審議は上院に場が移り、26日には特別委員会の委員長と報告官、27日には罷免請求理由の是非確認のための召喚者も決まった。現状では、6日の委員会と11日の本会議で審議継続を承認、大統領休職となりそうだ▼ジウマ大統領は今も「財政責任法違反に当たる事はしていない」と主張しているが、「(公的銀行から貸付を受け)粉飾会計と言い立てられている件は前任者達もやっていた」との弁はどう見ても言い逃れに過ぎない。というのも、4月6日付フォーリャ紙が報じた政府の借入額に関する中銀の統計が、現政権で粉飾会計が急増した事を如実に示しているからだ▼カルドーゾ政権末の公的銀行からの借入は9・5億レだったが、15年末に現政権が清算を求められた額は600億レ。カルドーゾ政権ではなかった勤続期間保障基金(FGTS)からの借入も300億レに上っている。FGTSからの借入は第2期ルーラ政権半ばの09年から始まり、看板の持ち家政策〃ミーニャ・カーザ、ミーニャ・ヴィダ〃などが始まってからは粉飾会計が増えたとの注もついていた▼「借金も財産」という人もいるが、公的銀行からの借金という違法行為で会計は健全と見せかけ、実は大穴を開けていたとあれば、国の将来を危険にさらす行為の一つといわれても仕方がない。ルーラ政権末期にはペトロブラス株の売却や外貨準備高の取り崩しといった形での赤字隠しも始まっており、「前任者もやっていた」という言葉に間違いはないが、子供にも「他の人がやっている=自分もやってよいではない」と言い聞かせてきた身には、なおの事、空しい言い逃れとしか映らない。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • PTはすでに2年後に照準?!2016年8月30日 PTはすでに2年後に照準?!  「弾劾裁判にはドキュメンタリー映画作家が何人もいて仔細に記録している。どうやらPT系から依頼されて撮影しているよう。2年後の大統領選挙で使うのではないか」―28日昼のCBNニュースで、そんな考察をエポカ誌記者が報告していた▼その見方によれば、PTはすでに今回の地方統一選挙は捨 […]
  • 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」2016年6月11日 「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」  有名なテレビ番組司会者マルセロ・タスは6日朝、CBNラジオで「我々は森の中で迷ったヤマトだ。ブラジル版タカユキはどこにいる!」と叫んだ。これは、日本中はおろか伯国でも連日報道されていた田野岡大和君の件だ。ブラジル人は日本人にどんなイメージを持ち、この事件から何を考えたのか?▼ […]
  • デウシジオが爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」2016年3月22日 デウシジオが爆弾発言「仕切っていたのはルーラだ」  「俺は間違っていた。でも盗んでいないし、汚職もしていない。もちろん聖人ではないが、盗賊でもない」。先週、ブラジル史上最大規模の大抗議行動が聖市パウリスタ大通りで行われ、140万人(軍警発表)が参加した。実はそこに、デウシジオ・アマラウ上議の姿もあった。ジウマの元右腕的人物で、 […]
  • ますます狭まるルーラ包囲網2016年2月11日 ますます狭まるルーラ包囲網  パラナ連邦地裁のセルジオ・モロ判事が9日、ルーラ前大統領が足繁く通っていたアチバイアの別荘の改築工事の件を別件捜査する事を認めた▼ペトロブラス関連の汚職等を扱う連警のラヴァ・ジャット作戦(LJ)で告発されたOAS社が、グアルジャーの3層住宅とアチバイアの別荘の改築に関わってい […]
  • 今も隠然たる影響力を誇るルーラ前大統領(Foto: Ricardo Stuckert/Instituto Lula)2015年7月3日 先週から大統領や周辺の言動に妙な雰囲気が…  先週からルーラやジウマ大統領及び周辺の言動がちょっとおかしい。先週月曜日にルーラは異例の労働者党批判をし、自分の人気を移し替える形で大統領にしたジウマまで指弾した。不人気のPTとジウマを批判することで距離を置いているように見せ、ルーラは大統領選再出馬の準備を進 […]