ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 「ジウマと変わらない」=テメル暫定政権の世間評

こちらの記事もどうぞ

  • 世界からジウマ罷免に反対=映画界・音楽界が立ち上がるも2016年8月26日 世界からジウマ罷免に反対=映画界・音楽界が立ち上がるも  24日、アメリカを中心としたアーティストの団体が、ジウマ大統領の罷免は「民主主義に反している」と抗議する文書を発表した。  この文書には、映画界などの有名人22人が署名している。代表的な名前としては、大ヒット映画「ロード・オブ・ザ・リング」に出演した俳優のヴィゴ・モーテンセ […]
  • ジウマ弾劾裁判実施はほぼ確実=9日に上院で全体投票=PT最後の抵抗も実らず=60票の獲得を求めるテメル2016年8月10日 ジウマ弾劾裁判実施はほぼ確実=9日に上院で全体投票=PT最後の抵抗も実らず=60票の獲得を求めるテメル  9日朝、上院でジウマ大統領の弾劾裁判を行うか否かの全体投票がはじまった。上院本会議は午前9時の予定が45分遅れてスタート、投票は10日未明にかけて行われた。この投票で半数(41人)以上を獲得すれば弾劾裁判を行うことが決定する。9日付伯字神サイトが報じている。 9日の上院本会議 […]
  • 「LJは世界の汚職対策の鑑」=アメリカの判事が語る2016年8月12日 「LJは世界の汚職対策の鑑」=アメリカの判事が語る  2014年から今日に至るまでブラジル社会を揺るがし続け、エドゥアルド・クーニャ下院議長の辞任やジウマ大統領の労働者党政権崩壊の原因のひとつともなったラヴァ・ジャット作戦(LJ)は、国際的にも注目される汚職事件摘発劇となっている。 この大型汚職事件摘発劇で活躍する連邦警察や連邦 […]
  • アングラ3問題=EN前総裁を再逮捕=現社長も解任処分へ=ジウマの元同僚も事情聴取2016年7月8日 アングラ3問題=EN前総裁を再逮捕=現社長も解任処分へ=ジウマの元同僚も事情聴取  連邦警察はラヴァ・ジャット作戦(LJ)関連のプリピャット作戦を6日に敢行。リオの原子力発電所「アングラ3」建設に関する贈収賄に関与した、エレトロヌクレアル(EN)前総裁のオトン・ルイス・ピニェイロ・ダ・シウヴァ容疑者らを逮捕した。7日付伯字紙が報じている。 オトン容疑者はブラ […]
  • 罷免賛成派が抗議行動延期=反対派は31日に決行確認2016年7月27日 罷免賛成派が抗議行動延期=反対派は31日に決行確認  ジウマ大統領罷免賛成派の「モヴィメント・ブラジル・リブレ(MBL)」と「ナス・ルアス」は、上院の罷免審理が八月末となることなどを受け、31日の抗議行動を8月21日に延期したが、「ヴェン・プラ・ルア」は31日に175市で抗議行動を行うと26日付伯字紙が報じた。 「ヴェン・プラ・ […]