ホーム | イベント情報 | 人生の終活進んでますか?=開教使が説く極楽への旅路

人生の終活進んでますか?=開教使が説く極楽への旅路

来社した村上佳和副会長、久保開教使、次山千枝子さん

来社した村上佳和副会長、久保開教使、次山千枝子さん

 南米浄土真宗本願寺派(通称西本願寺)の久保光雲開教使による講演会が、23日午後2時からサンパウロ市の広島文化センター(Rua Tamandare, 800)で行なわれる。テーマは『極楽への旅路』。同センター主催、日語のみ。入場無料。
 画家でもある久保開教使は、先月に落慶した新モジ・ダス・クルーゼス本願寺のふすまと内陣に、約10カ月をかけて極楽浄土の絵を制作した。その作業を見た同センターの平崎靖行会長が企画を提案した。
 講演ではふすま絵をスクリーンに映しながら、そこに描かれた蓮の花、孔雀や鸚鵡、2つの頭を持つ共命鳥などの由来を通し、極楽浄土に至る道を解説する。
 広島出身の同開教使は、京都市立芸術大学を卒業後、日本と米国にて絵画展と法話会を開催。龍谷大学大学院で真宗学を修め、昨年当地へ赴任した。著書に『光雲な毎日』(コスモスライブラリー刊)。
 ブラジルでの初の講演に、「高齢化が進む日系社会だが、『いつ死んでも大丈夫』という安心を得ておくのは大切なこと。仏様からのプレゼントを、あなたも頂いてみませんか」と、人生の〃終活〃に向け参加を呼びかけている。
 問い合わせは同県人会(11・3207・5476)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 23日に講演会を開く西本願寺の久保光雲師は広島出身。第二次大戦で原爆が投下された事実に、大きな影響を受けたという。親族に被爆者がおり、母校の広島女学院でもよく「広島に生まれた責任は重い」と言われた。広島人として果たせる責任を問い続け、仏教に答えを見出した久保師。彼女のホームページ(http://koun18.com)では、サンパウロ市の西本願寺で土曜日午前7時から行なっている法話の動画を公開。浄土真宗の教えを分かりやすく解説している。興味のある方、一度のぞいてみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • GLA講演会、17日=『2019新年の集い』2019年2月9日 GLA講演会、17日=『2019新年の集い』  宗教法人GLAブラジル支部(尾田嘉雄理事長)は「映像の集い・2019新年の集い」を17日午後2時から、サンパウロ市リベルダーデ区のブラジル日本文化福祉協会代大講堂(Rua Sao Joaquim, […]
  • CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す2019年2月8日 CKC農業連携会議=日本から専門家、若手会議も=中南米5カ国から95人参加=ペルー参加、継続に意欲示す  日本の農林水産省が中央開発株式会社(以下CKC、本社=東京)に委託する「平成30年度中南米日系農業者等との連携交流・ビジネス創出委託事業」の会議が今月4、5両日、サンパウロ市の宮城県人会会館で開催された。昨年4月から再スタートした同事業には、ブラジル、亜国、パラグアイ […]
  • 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も2019年2月8日 今週末、高知のおきゃく=箸拳、よさこい、郷土食も  ブラジル高知県人会青年部(川上カミラ部長)は「第2回高知のおきゃく」を10日午前11時から午後4時まで、同会館(Rua das Miranhas, […]
  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 三重県人会総会、24日2019年2月8日 三重県人会総会、24日  ブラジル三重県人会(下川孝会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市ヴィラ・マリアーナ区の同会館(Av. Lins de Vasconcelos, […]