ホーム | イベント情報 | ブラジル藤村会=27日に偲ぶ会開く

ブラジル藤村会=27日に偲ぶ会開く

梅崎さん、広川さん、平間浩二さん、村上尚子さん

梅崎さん、広川さん、平間浩二さん、村上尚子さん

 ブラジル藤村会(梅崎嘉明代表代理)は27日(土)午後2時から、サンパウロ市のサンタクルス病院(Rua Santa Cruz, 398, Vila Mariana)敷地内の藤村記念碑前で『島崎藤村を偲ぶ会』を開く。会費無料、申し込み不要。
 1936(昭和11)年、日本ペンクラブ会長だった島崎藤村はアルゼンチンのブエノスアイレスで開催された国際ペンクラブ大会に出席するため南米を訪れ、ブラジルにも足を踏み入れた。そのときに「大和言葉の碑文」を用意、4首が刻まれた記念碑が建立された。
 『藤村全集』第14巻(筑摩書房、昭和42年刊)にある『順禮』には、その時の様子が描かれている。《この異郷にある人々が碑の前に足を停め、母国の空をしのぶたよりともして呉れるような日が来たら、どんなにたのしかろう。こんなめづらしい草や木の香で一ぱいな植民地に大和言葉を刻んだ石を置いて、こゝにも新しい世界があることを語るような日が来たら、これまたどんなにたのしかろう》
 そんな記念碑を囲んでの島崎藤村を追悼し、同病院内サロンで軽食をとりながらの懇談会が開かれ、詩「初恋」などの代表作を読みあう。有名な「椰子の実」は《海の日の沈むを見れば激(たぎ)り落つ異郷の涙、思いやる八重の汐々いずれの日にか故国(くに)に帰らん》で終わる。今読めばまるで移民の歌だ。
 案内のため来社した梅崎さんは「以前は20人もいましたが、今は10人ぐらいでしょうか。文学に関心のある方はぜひご参加ください」と呼びかけている。広川和子さんも「22日が藤村の命日。彼が『順礼』に書いた気持ちに応え、皆で彼を偲びましょう」と呼びかけた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!2020年3月17日 数十年に一度、「コロナ危機」に備えよう!  先週を境に、ブラジルはそれ以前とだいぶ変わった。しばらくは「冬の時代」に入りそうだ。「コロナ危機」により、先週1週間でブラジルは数十年に一度の激変期を迎えた。それは、景気の分水嶺でもあった可能性が高い。  今週から1カ月、2カ月の間、特にサンパウロ州、リオ州では新型 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 寄稿特集 移民100周年どう迎える2002年1月1日 寄稿特集 移民100周年どう迎える 各界から広く意見-学園構想やコロニア再建論も  二〇〇八年のブラジル日本移民百周年を六年後に控え、何を思い考えるかコロニアから意見を募った。今回は各界代表だけではなく、比較的若い人を中心に日系人を含む一般からも広く作文を集めてみた。百年祭をブラジルの国家事業として実施すべ […]
  • 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂2021年6月15日 《記者コラム》地方のKaikanに込められた日系社会の魂 「コロニア消滅論」を越えて  デカセギブームが始まった90年代から特に「コロニア(日系社会)空洞化論」「コロニアが消滅する」という悲観的な予測が何度も叫ばれ、本紙にも繰り返し掲載されてきた。そんなことを叫ぶ声すらも枯れてきたのが現状だ。  この18日(木)は、ブ […]
  • 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増2021年6月15日 援協=JICA助成金建設委員会設立=新規会員は順調に205人増  サンパウロ日伯援護協会(援協、税田パウロ清七会長)は5月27日10時から、リベルダーデ区にある援協本部ビル5階講堂で5月定例役員会を開催した。援協にこれまで尽力してきた堀井文夫氏、毛利連(もうりむらじ)氏、末吉ショウジ・アルマンド氏の3氏が5月中に亡くなり、1分間の黙 […]