ホーム | 日系社会ニュース | 第2アリアンサ=史料館落成「移民史を後世に」=収集重ね農具や家具を展示

第2アリアンサ=史料館落成「移民史を後世に」=収集重ね農具や家具を展示

貴重な史料が収められた移住史料館

貴重な史料が収められた移住史料館

 入植90周年を迎えたサンパウロ州ミランドポリス市の第2アリアンサ移住地(鳥取村)に、アリアンサ移住史料館が落成した。同村出身の佐藤勲さん(76、二世)を中心として、旧組合従業員住宅を改築して造られたものだ。
 同村は1926年8月7日、鳥取および信濃両海外協会が5250アルケールの土地を購入して創設。鳥取県大岩村(現岩見町)の村長だった故橋浦昌雄氏が移住し、初代理事を務めた。後続移住者を迎えるため収容所を建設し、その跡地が現在の史料館となっている。
 入植初期に使用された農具や家具、活版印刷機など当時を感じさせる史料から、小学校や記念式典の写真など、同村の貴重な展示物が収められている。また2000年頃から情報収集を積み重ねた土地一覧や家計図など、入植者の情報が事細かに日ポ両語で纏められた史料も公開された。
 史料館はまだまだ未完成といい、今後さらにポ語での説明など拡充を図っていく。案内に来社した佐藤さんと橋浦行雄さん(91、鳥取)は、「先人の希望と努力によってつくられた移住地。それを忘れずにいてほしい。歴史を保存し、次世代がルーツを学ぶことで、村の活性化に繋がれば」と期待を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系芸術家武田マルリさん=残ったシールで作品制作2020年3月10日 日系芸術家武田マルリさん=残ったシールで作品制作  日系芸術家武田マルリさん(三世)が1月29日に来社した。同氏は不要となったシールなどを活用した作品を制作。ブラジルを拠点に、日米、ポルトガルで展示会などを行っている。  武田さんは使用後のシールの残りや、美術館などで不要となったシールなどを壁面などに貼り合わせ、色と […]
  • 《ブラジル》4月の小売販売は2年ぶりの前年比増=今後の回復は不透明の予想も2017年6月15日 《ブラジル》4月の小売販売は2年ぶりの前年比増=今後の回復は不透明の予想も  ブラジル地理統計院(IBGE)の13日の発表によると、今年4月の国内小売業の売り上げは前月比で1%、昨年同月比では1・9%上昇したと14日付現地紙が報じた。  3月までの小売業の売り上げは、前月比では2カ月連続、前年同月比では24カ月連続で減少を記録していた。  今年4月 […]
  • 子供移民が世話人に=57年10月入港=ぶ丸同船者会2007年9月15日 子供移民が世話人に=57年10月入港=ぶ丸同船者会 ニッケイ新聞 2007年9月15日付け […]
  • まるで「ロッキードの後の2・26」2018年10月19日 まるで「ロッキードの後の2・26」  大統領選はどうやらジャイール・ボルソナロ氏(社会自由党・PSL)の勝利で揺らぎそうにない勢いになってきているが、先日、コラム子は同氏の政見報道を見て、大きな違和感を覚えた。それは、この10数年間というもの間、ブラジルや南米があたかも左翼勢力の支配の抑圧下に置かれている […]
  • ピンドラーマ=11月号発行2007年11月8日 ピンドラーマ=11月号発行 ニッケイ新聞 2007年11月08日付け […]