ホーム | 日系社会ニュース | ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も

ビジネス専門日語校が開校=南米初、東洋街に 出張教室も

(左から)村信校長、清元事務局長

(左から)村信校長、清元事務局長

 ビジネスにおける日本語学習を専門とした語学学校「ONGAESHI ビジネス日本語学校(ONGAESHI Negocios em Lingua Japonesa)」が1日、サンパウロ市に設立した。法人登録も行なっており、ビジネスに特化した学校の開校は南米初と思われる。
 教室は東洋街の大分県人会(Av. da Liberdade, 486, 2o. andar, sala 205)の一室に構え、火・木曜日に開催。個別の出張教室にも対応している。学習者は日本語能力試験N3以上を想定。
 世界最大の日系社会を抱え、日本企業や官公庁と関わる当地企業や団体が少なくない中、ビジネスに必要な日本語を学ぶ機会がないことに着眼し設立された。
 授業では状況に応じたマナーやルール、言葉遣いを学び、営業からトラブル対処までを担う、独り立ちしたビジネスマンの育成支援を目的とする。
 設立者の村信政幸校長(64、鳥取)は元駐在員で、鳥取県人会や日本語センターで理事を務める。退職後に日本語教師として800時間に渡る教授法、実習を履修した。
 日本の企業に36年間勤務した経験も合わせ、「元ビジネスマンによる日本語指導で、ビジネスの発展をお手伝いしたい」と話し、「マナーや言葉遣いの奥には、豊かな日本文化がある。その普及の一助になれば」と思いを語る。
 また盛和塾を通じた知人、清本周平さん(27、東京)が事務局長を務める。「社内業務しか任されてこなかった人材がビジネススキルを習得することで、社外との折衝など人材の有効活用につながる」と意義を語り、進出企業の事業展開を支える人的基盤作りへの貢献を目指す。
 日系企業や団体で働く者を主な対象とし、取り引き先現地企業や日系企業への就職を目指す学生などを対象に授業を行なう予定。村信さんは「学習者のニーズを掴み、それに応じたきめ細やかな授業を提供していきたい」と今後に意気込みを見せた。
 問い合わせは同校(11・2894・2473)、または村信さん(11・96377・5248)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」2018年8月4日 岐阜県人会が創立80周年式典=母県の慶祝団40人が祝福=長屋会長「若手呼び込む!」  ブラジル岐阜県人会(長屋充良(ながやみつよし会長)は「県人会創立80周年、移住105周年、岐阜県農業高校生海外実習派遣40周年記念式典」を7月29日、サンパウロ市リベルダーデ区の広島文化センターで開催した。約40人が母県から駆けつけ節目の日を祝した。今年2月に就任した […]
  • 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付2018年1月27日 和歌山県=子弟の県内就職を支援へ=仁坂知事発案、活躍に期待=来年から県人会が応募受付  和歌山県庁と世界の在外和歌山県人会が連携して、2019年2月から日系人子弟の県内企業への就職支援という珍しい取り組みを始める。県人会子弟のキャリアアップ、県内企業の優秀な人材確保などが目的。対象者は業務に関する科目を専攻した大卒者、就職までに大学卒業見込みの県人会子弟 […]
  • 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進2017年7月5日 日本政府から栄えある栄誉=外務大臣表彰13個人・団体に=日本語教育や両国交流促進  2017年度外務大臣表彰の受賞者が先月29日に発表された。在伯大使館、在聖総領事館、在クリチバ総領事館、在ベレン領事事務所から計13の個人・団体が選出された。受賞者と功績は以下の通り(敬称略)。 【ブラジリア管内】▼秋本満敏(カンポ日伯農業開発(株)会社代表取締役副社長)= […]
  • 大耳小耳2017年1月24日 大耳小耳  国際交流基金が日本語が学べるウェブサイト「JFにほんごeラーニング みなと」(minato-jf.jp)を昨年7月に開設した。現在ひらがな、カタカナのほかA1レベル(初心者)までのコースが公開されている。「挨拶をする」「趣味について話す」等の場面で使われる言葉を「知る」「聞く […]
  • 大耳小耳2016年10月6日 大耳小耳  日伯文化連盟(アリアンサ)が10日午後6時からサンジョアキン校(Rua Sao Joaquim, […]