ホーム | 日系社会ニュース | 広島系の農業家3人が講演=ビジネステーマに一次産業語る

広島系の農業家3人が講演=ビジネステーマに一次産業語る

功労賞を受賞した伊藤さん

功労賞を受賞した伊藤さん

 広島文化センター(平崎靖之会長)が6日、広島県系人の農業家3人を招き講演会を同センターで開催した。テーマを「農業ビジネス」と設定し漁業、果樹栽培、養鶏という3つの視点から紹介された。
 アラサツーバ市でピラルクーの養殖業を営む末永リカルドさんは、2011年から研究を開始。生息地のアマゾン川流域とサンパウロ州は水温など環境差の問題を解消し、「13年には約1メートルまで成長させることに成功した」と伝えた。
 グァラサイ市の香林昭司さんはパイナップル栽培で有名。自身が経営するグァラサイ農場では現在、年間6万トンを生産し、州内一の生産力を誇る。
 最後に登壇した伊藤悟さんはスマレーで養鶏業を営む。59年に渡米、同国で養鶏業を経験した。現在営む「グランジャ・イトウ」は、世界各国の機械や設備が導入され、一舎10万羽の鶏舎を担当社員一人で管理可能。また、ブラジル盛和塾の塾生でもあり、過去を振り返りつつ、「盛和塾の稲盛哲学を忠実に守っています」と時折声を詰まらせながら自身の経営論を語った。
 閉会には羽藤ジョージ州議会副議長が挨拶し、一次産業の重要性を語り、息子のジョルジ市議とともに農業の維持、発展を約束した。また講演者には功労賞が贈られた。
 閉会後は参加者でピラルクー、卵、パイナップルなどを楽しんだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?2020年12月3日 《ブラジル》アマゾン川流域でも大規模な銀行強盗=「現代のカンガセイロ」説も?  ブラジル南部のサンタカタリーナ州クリシウーマ市で11月30日から12月1日にかけて、同州史上最大で最も暴力的とされた銀行強盗が起きた直後の2日未明、ブラジル北部のパラー州でも全く同様の手口の銀行強盗事件が起き、死傷者も出た。  今回は、アマゾン川流域のパラー州州都ベ […]
  • ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め2020年11月24日 ≪記者コラム≫本紙サイトの使い方とPDF版購読の薦め  「10月になってから配達がひどくなった」「11月の新聞が一回も来ていない」「古新聞がまとめてドサッとくる」など、読者からの苦情の電話を毎日お聞きして、本当に心苦しい。サンパウロ市地域は本紙モトケイロが配達して回るから、変わらない。  だが、それ以外の地域の新聞配達を […]
  • 《ブラジル》アマパー州/住民の怒りピークで暴動頻発=大停電10日すぎても輪番配電2020年11月14日 《ブラジル》アマパー州/住民の怒りピークで暴動頻発=大停電10日すぎても輪番配電  10日間以上も大停電が続くアマゾン川北側のアマパー州では、州民の怒りがピークに達し、各地で暴動が相次いでいる。13日付現地紙、サイトが報じている。  アマパー州では3日に州内16市中14市で停電が発生した。以来、これらの市の住民は電気が満足に使えないだけでなく、水道 […]
  • 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(17)=「世界一の無医村に行かないか?」2020年7月29日 日本移民と感染症との戦い=世界最大の日本人無医村で(17)=「世界一の無医村に行かないか?」  前節のバストス移住地での防疫対策を担った同仁会の細江静男医師は、1901年に岐阜県下呂町和佐で生まれ、慶応大学医学部で学んだエリートだった。細江医師の慶応大学同期には、のちに日本医師会会長になった武見太郎氏がいた。首相クラスの要人の主治医として知られる人物だ。  大 […]
  • ■ひとマチ点描■オンラインでアマゾンツアー2020年7月24日 ■ひとマチ点描■オンラインでアマゾンツアー  外出自粛規制によって壊滅的な被害を受けている旅行業界だが、新しいアイデアが生まれている。アマゾナス州にあるツアー会社VELTRAは、オンラインによるマナウス市場のウォーキングツアーを始めた。  このツアーはマナウス在住のキヨシさん(福岡県・準二世)が、オンラインアプ […]