ホーム | イベント情報 | 青年隊が節目、記念旅行へ=アヴァレーで60周年大会

青年隊が節目、記念旅行へ=アヴァレーで60周年大会

(左から)長田さん、鈴木さん、小山さん

(左から)長田さん、鈴木さん、小山さん

 新天地を求めてブラジルの辺境に開拓を挑んだ南米産業開発青年隊が、今年で渡伯60周年を迎えた。サンパウロ州アヴァレーでの記念大会が来週末に控えている。
 1956年にパラナ州ウムアラマに第1期生が入植し、訓練所を建設。そこが活動拠点となり、326人の隊員が自給自足の生活を送りながら、生活習慣や技術を身につけ、農業や建築、通信、測量などの分野で活躍した。
 記念大会は29、30の両日、アヴァレーにあるホテルで開催する。式典時間を短縮し、交流や親睦の時間に多くを割く。会員同士がゆっくりと語らえるよう、郊外で開催することになった。
 同地は会員が多く在住するサンパウロ市と北パラナの中間地点にあり、40人近くの元隊員とその家族ら計138人が参加する予定だ。
 元隊員らは「会員の平均寿命も80近くになり、今では住んでいる場所もばらばら。今回が最後になるかも知れないが、仲間と一緒に過ごす時間を楽しみにしている」と期待を語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2021年4月7日 東西南北  3月26日から4月4日にかけて、サンパウロ市では「フェリアドン」と呼ばれる大型10連休が実施された。サンパウロ市の公共交通機関ではその間、乗客数がおよそ3分の1減ったという。この期間中、市内のバスや地下鉄、CPTMでは1日平均123万8千人の利用があったが、それは赤レベル実施 […]
  • 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹2021年3月17日 《ブラジル》予防接種で1年ぶりに再会=連邦直轄区在住の双子の姉妹  新型コロナの感染が始まって以来、1年近く会えなかった74歳の双子の姉妹が、予防接種会場で再会した。  約1年ぶりとなる再会を果たしたのは、連邦直轄区在住のサンドラ・マリア・ヴァレンテさんとシェイラ・マリア・アルブケルケさんだ。  いつも一緒にいたのに、300日以上 […]
  • 《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も2021年3月17日 《ブラジル》大統領本人にも不正所得疑惑浮上=下議時代に幽霊職員から給与をキックバック?=捜査対象になる可能性も  長男フラヴィオ上議にかけられている幽霊職員の給与をキックバックさせる不正所得疑惑「ラシャジーニャ」が、ボルソナロ大統領本人にまで及んでいることが報じられている。15、16日付現地紙、サイトが報じている。  ボルソナロ大統領もラシャジーニャを行っていた可能性があるとス […]
  • 《ブラジル》母から娘への悲しすぎる最後のメッセージ「集中治療室に空きがないの。愛している」2021年3月9日 《ブラジル》母から娘への悲しすぎる最後のメッセージ「集中治療室に空きがないの。愛している」  新型コロナの感染再燃で集中治療室(UTI=ICU)が満杯となり、空きを待つ間に亡くなった女性の長女が母からの最期のメッセージを公表し、外出を避け、感染回避をと呼びかけている。  母のヴァレリアさん(42)と交わしたワッツアップのメッセージを公表したのは、リオ・グラン […]
  • 《ブラジル》新型コロナの二重感染例を確認=30代の女性2人が2種の型で2021年3月6日 《ブラジル》新型コロナの二重感染例を確認=30代の女性2人が2種の型で  ブラジル国内の研究者達が、新型コロナ感染症の患者の中に異なる遺伝子情報を持つ新型コロナウイルス(Sars-CoV-2)に同時に感染する重感染を起こしている患者がいる事を確認した。  重感染は同一の人物の中に複数の型のウイルスが存在するため、別々の時期に異なった型のウ […]