ホーム | イベント情報 | 坂本龍馬が没後150年=15日に記念の集い、龍馬会

坂本龍馬が没後150年=15日に記念の集い、龍馬会

 ブラジル龍馬会(大野正人会長)が月に一度行なう定例会を兼ね、『龍馬の生誕・命日記念日』を15日午後2時から同事務所(Largo da Polvora, 96, sala 4)で行なう。
 龍馬の生年は天保6年11月15日(1836年1月3日)で、命日は慶応3年11月15日(1867年12月10日)であることから、同会では「11月15日」を龍馬記念日に制定している。
 今年は龍馬の没後150年であり、日本では京都国立博物館で特別展覧会が開催中。龍馬会による記念行事では、日本から入手した150年記念誌も閲覧できる。
 当日は会費として20レアルを集め、通常よりも豪華な食事が準備される。大野会長は「龍馬の特別な日なので、ぜひ大いに語り合いましょう」と呼びかけている。

image_print

こちらの記事もどうぞ