ホーム | 日系社会ニュース | 生徒が日ごろの成果発表=聖南西でお話大会と発表会

生徒が日ごろの成果発表=聖南西でお話大会と発表会

表彰式で笑顔を見せる児童ら

表彰式で笑顔を見せる児童ら

 聖南西教育研究会(西田みどり会長)主催の聖南西お話学習発表会が先月23日、ソロカバ文協会館で行われ、聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市の日本語学校7校が参加した。
 午前9時半に開会式が行われ、ソロカバ文協の松島ロベルト会長が開会あいさつ。続いて聖南西文化体育連盟の柿原隆幸教育部長も、生徒らに励ましの言葉をかけた。
 午前はお話の部、午後は出し物の発表があった。また会場には各校が授業で扱った絵や毛筆、工作などの作品が展示された。
 お話の部では各校から選出された7~17歳の代表者37人が、2時間にわたり発表を行なった。9月の聖市スピーチコンテストでカテゴリーA2位に入った名久井晴人くん(14、ピラール・ド・スール日本語学校)、同じく3位の森美幸さん(14、同)が失敗経験が自身の成長に繋がると発表、人生を前向きに生きる力を感じさせた。
 今年7月に愛媛県で行われた第21回海外高校生によるスピーチコンテストで、ブラジル代表として参加し特別賞を受賞した横飛英雄くん(15、同)は、「導くという事」をテーマに太鼓部リーダーという自身の経験を基にリーダーとしての存在について発表。会場から大きな拍手が贈られた。
 午後の出し物発表会では生徒らによる踊りや合唱、組体操などが披露され会場を楽しませた。
 その後表彰式が行われ、お話の部の学校代表者表彰、8月に行われた聖南西作文コンクールの学校代表者の表彰が行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」2018年11月30日 新曲ひっさげエドアルド凱旋=110周年慈善ディナーショー=股旅姿で「じょんがらひとり旅」  「帰ってきましたよ。みなさ~ん、ぜひ聞きにきてください」――NHKの歌番組に出演するなど活躍する、「日本魂、演歌を歌いにきた情熱の男」非日系ブラジル人演歌歌手、エドアルド(34)が29日朝来社し、30日晩の慈善ディナーショーなどへの来場を呼びかけた。  訪日したキッ […]
  • 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人2018年7月31日 郷土民謡が第30回大会=5日、日本から慶祝団4人  ブラジル郷土民謡協会(斉藤美恵会長)は第30回全伯大会を8月5日午前9時から、聖市の宮城県人会館で開催する。優勝者は10月に日本のさいたま市文化センターで開催される「日本郷土民謡民舞全国大会」にブラジル代表として派遣される。  当日は日本から慶祝使節団4人、椿真二( […]
  • 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会2018年11月2日 人種、お別れ、夢、頑張り=様々なテーマで熱く語る=聖南西お話学習発表会  聖南西教育研究会(渡辺久洋会長)が10月21日、『聖南西お話学習発表会』をイビウナ文協会館で行なった。聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカーバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市文協の日本語学校7校から約90人の生徒が参 […]
  • 2017年11月25日 《ブラジル》南米初、10段を取得=柔道家の篠原正夫さん=77年の精進に赤帯  「柔道を始めてから77年、家族や友人、関わった全ての人にお礼が言いたい。ムイト、ムイト・オブリガード」――柔道家の篠原正夫さん(92、二世)がそう感謝を述べると、会場から大きな拍手が贈られた。ブラジル柔道連盟(シルビオ・アカシオ・ボルジェス会長)が17日夜、1篠原さん […]
  • 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに2017年12月20日 東京五輪でスポーツ交流=ブラジル選手受け入れ9件=遠野市などホストタウンに  2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、スポーツの活性化、グローバル化の推進、観光振興などを目的として、日本の地方自治体が海外選手団の誘致を進めている。岩手県遠野市、静岡県浜松市などがブラジルの選手団の「ホストタウン」(受入れする町)として登録され、スポー […]