fbpx
ホーム | 日系社会ニュース | 生徒が日ごろの成果発表=聖南西でお話大会と発表会

生徒が日ごろの成果発表=聖南西でお話大会と発表会

表彰式で笑顔を見せる児童ら

表彰式で笑顔を見せる児童ら

 聖南西教育研究会(西田みどり会長)主催の聖南西お話学習発表会が先月23日、ソロカバ文協会館で行われ、聖南西地区のイビウナ、ピエダーデ、ソロカバ、ピラール・ド・スール、コロニア・ピニャール、カッポン・ボニート、レジストロ各市の日本語学校7校が参加した。
 午前9時半に開会式が行われ、ソロカバ文協の松島ロベルト会長が開会あいさつ。続いて聖南西文化体育連盟の柿原隆幸教育部長も、生徒らに励ましの言葉をかけた。
 午前はお話の部、午後は出し物の発表があった。また会場には各校が授業で扱った絵や毛筆、工作などの作品が展示された。
 お話の部では各校から選出された7~17歳の代表者37人が、2時間にわたり発表を行なった。9月のサンパウロ市スピーチコンテストでカテゴリーA2位に入った名久井晴人くん(14、ピラール・ド・スール日本語学校)、同じく3位の森美幸さん(14、同)が失敗経験が自身の成長に繋がると発表、人生を前向きに生きる力を感じさせた。
 今年7月に愛媛県で行われた第21回海外高校生によるスピーチコンテストで、ブラジル代表として参加し特別賞を受賞した横飛英雄くん(15、同)は、「導くという事」をテーマに太鼓部リーダーという自身の経験を基にリーダーとしての存在について発表。会場から大きな拍手が贈られた。
 午後の出し物発表会では生徒らによる踊りや合唱、組体操などが披露され会場を楽しませた。
 その後表彰式が行われ、お話の部の学校代表者表彰、8月に行われた聖南西作文コンクールの学校代表者の表彰が行われた。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯2019年2月9日 《ブラジルサッカー》U20選手権で絶体絶命=2分2敗でU20W杯出場は風前の灯  チリで行われているサッカーU20南米選手権の最終ラウンド第4節で、ブラジル代表は7日のエクアドル戦に0対0で引き分け、最終ラウンド2分2敗の勝ち点2で最下位となり、上位4位までに与えられるU20W杯(5―6月、ポーランド開催)の出場権獲得が極めて厳しくなった。  同 […]
  • 東西南北2019年2月6日 東西南北  サンパウロ市は1月に大雨により記録的な倒木が記録されたと報じたばかりだが、今月初の大雨を記録した4日未明から午前にかけて、ほんの数時間だけで市内で32本の倒木を記録した。また、今回の雨はサンパウロ州のほかの地域にも強い影響が及び、サントスなど海岸部では、今回の雨だけで2月に見 […]
  • 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる2019年2月5日 《サッカー》U20南米選手権=ブラジル代表、ベネズエラに破れる  チリで開かれている、サッカーのU20南米選手権で、6カ国による最終ラウンドに進出しているブラジルは、ベネズエラに0対2で敗れ最下位に転落。上位4位までに与えられる、U20W杯(5―6月、ポーランド開催)出場権獲得に黄色信号が灯った。  南米サッカー連盟所属10カ国が […]
  • 東西南北2019年1月31日 東西南北  30日付フォーリャ紙によると、ボルソナロ政権内で、ボルソナロ大統領が不在中にアミウトン・モウロン副大統領が代行をつとめたときに行った言動に対し、批判があがっているという。中でも、ボルソナロ家の息子のひとりは、「モウロン氏は大統領になる準備をしている」と2人の人物にもらしたとか […]
  • 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す2019年1月29日 目指せ東京五輪=11歳のブラジル人少女=スケートボード、パークでの出場目指す  サンパウロ州リベイロン・ピーレス市のヴィクトリア・バッシちゃん(11)が、スケートボートのブラジル代表候補21人の一人に選ばれた。  スケートボード競技には、街にあるような、階段や手摺り、ベンチや坂道を直線的に配置したコースで行われる「ストリート」と、深いお椀をいく […]