ホーム | 日系社会ニュース | ベレンで天皇誕生日祝賀会=2日本語学校に外務大臣表彰

ベレンで天皇誕生日祝賀会=2日本語学校に外務大臣表彰

会場一体でお祝いの乾杯

会場一体でお祝いの乾杯

 【パラー州ベレン発】在ベレン領事事務所は25日午後7時から、ベレン市内プリンセーザ・ロウサン(旧ヒルトン)ホテルのサロン・カラジャスにおいて「天皇誕生祝賀会」を開催した。
 天皇皇后両陛下のご御真影と日伯両国旗が飾られた会場には、州知事代理としてアデナウエル・ゴエス州政府観光局長をはじめとした来賓、日系各団体の招待客など約200人が参加した。
 挨拶に立った小林雅彦領事所長は「天皇誕生日祝賀レセプションにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。天皇陛下におかれましては、来月23日に83歳を迎えられます。在ベレン領事事務所長として、今年もまた、このめでたき日を皆様と一緒にお祝い出来ることを大変うれしく思います」と挨拶した。
 また、外務大臣賞表彰が行われ、アマゾニア日本語学校とトメアスー日本語学校の2校が受賞、小林所長は「2014年7月に着任して、当地勤務も3年目を迎えた。この間、頂いた温かいご支援と友情に感謝したい。引き続き日本と管轄地域の緊密化に努力するので、皆様のご協力をお願いしたい」と挨拶した。
 また、5月に開催された『ミス日系コンテスト』、7月の『ミス・カワイイ・パラーコンテスト』、9月の『日本週間』などの文化交流事業を、『ベレン市創立400周年記念事業』として実施したことを挙げ、「ベレン市役所の記念事業実行委員会との緊密な連携の下、日本とブラジルの交流に貢献できたことを皆様にお礼申し上げたい」と結んだ。(下小薗昭仁パラー州通信員)

image_print

こちらの記事もどうぞ