ホーム | 日系社会ニュース | 広島の絵手紙大賞で奨励賞=大塚弥生さんが喜びの声

広島の絵手紙大賞で奨励賞=大塚弥生さんが喜びの声

受賞作品を手に目標をかたる大塚さん

受賞作品を手に目標をかたる大塚さん

 〃筆の都〃として知られる広島県熊野町で今年5月、第20回筆の里ありがとうのちょっと大きな絵てがみ大賞が行なわれた。サンパウロ市で絵手紙や書道を教える大塚弥生さん(72、山口)が奨励賞を受賞し、本紙に喜びを語った。
 院内感染をきかっけに08年に左足を切断し、現在義足で暮らしている大塚さん。片足を失った当初は「一寸先が真っ暗で、明日に希望が持てなかった」と当時を振り返る。
 リハビリセンターに通い始め、「手や足を事故で失った人が大勢で、当初は地獄かと思ったほど」というが、「ブラジル人は何故足を失ったのかを平然と聞いてくる。あっけらかんとしていて、すぐに誰とでも打ち解けて友達になれた」と、ブラジル人の懐の深さに救われたという。
 移住して52年を迎えた大塚さんは、今回の作品に、「おおらかな心と乗り越える強い精神を教えてくれた」とブラジルへの感謝の気持ちを滲ませ、人間味溢れる豊かな表情のバイアーナを描き、見事奨励賞に輝いた。
 「絵手紙を通じて、もっとブラジルのことを日本人に知ってもらいたい」と思いを込め、7回目の応募となった今回。そのうち6回はいずれかの賞を受賞している。「ブラジル人の暖かさを知ってもらえれば。なんとか大賞を取れるように頑張りたい」と今後に意気込みを見せた。
 絵手紙教室に関心のある人は大塚さんまで(11・2976・0798)まで連絡を。


□関連コラム□大耳小耳

 大塚さんは義足生活のために水中治療をしていたが、世界大会にベテラーノ(マズターズ)で出場しないかと友人から背中を押され、かつて5カ月ほど訓練したことがあるという。水泳で肩を壊したことと、出場資格として帰化が条件だったらしく、泣く泣く断念することになったとか。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き2021年6月24日 《ブラジル》6州都などで接種中止相次ぐ=初回用中心にワクチンが尽き  【既報関連】サンパウロ市での新型コロナワクチンの接種中止は22日のみで、23日は正常化した。だが、6州の州都ではワクチンの補填が間に合わず、23日の接種を一部または全面的に中止したと同日付現地サイトが報じた。  同日朝の時点では、バイア州サルバドールが初回と2回目、 […]
  • 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う2021年6月23日 《ブラジル》マスクとって女性レポーターに「黙れ!」=大統領が批判報道にカッとなり理性失う  ボルソナロ大統領は21日、サンパウロ州で女性のテレビ・レポーターに対してマスクをとって「黙れ!」「これで満足か」などと暴言を吐き、女性蔑視ならびにジャーナリストへの恫喝行為として批判を浴びた。22日付現地紙が報じている。  問題の行為は21日、サンパウロ州グアランチ […]
  • 《ブラジル》病的連続殺害犯が逃亡潜伏=2週間も恐怖に怯える住民2021年6月22日 《ブラジル》病的連続殺害犯が逃亡潜伏=2週間も恐怖に怯える住民  6月9日に連邦直轄区(DF)で起きた一家4人殺害事件の犯人がゴイアス州コカルジーニョ・デ・ゴイアス付近に逃げ込み、数百人規模の警官が捜索を続けているが、21日も逃亡中と9、15~21日付現地紙、サイトが報じている。  9日の事件は、DFセイランジアに住む48歳の男性 […]
  • 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝2021年6月19日 《ブラジル》陽性66人でコパ・アメリカが感染イベントに?=セレソンはペルーに快勝  ブラジルで現在開催中のコパ・アメリカで、選手、関係者のコロナウイルス感染が続いている。その最中にブラジル代表(セレソン)は、ペルーを相手に4―0で快勝し、2連勝を飾った。17、18日付現地紙、サイトが報じている。  ブラジル保健省が17日付で発表したところによると、同大会に […]
  • 東西南北2021年6月19日 東西南北  先月29日に行われたボルソナロ大統領に対する全国的な抗議デモが記憶に新しい中、今日19日は2回目の大統領抗議デモが行われる。今回のデモには政治家も参加を検討していると報じられており、ルーラ元大統領の動向も注目されている。これまで報じられているところから察するに、ルーラ氏は「参 […]