ホーム | コラム | オーリャ! | 日本語指導に俳句を

日本語指導に俳句を

 第11回を迎えた『かずま忌俳句大会』。同じ兼題でも、詠まれた俳句は十人十色。情景が目に浮かびそうな、感性の豊かさが溢れる句だけに、選では多くの参加者の頭を悩ますことになった。
 選者の伊那宏さんは、「俳句は世界で一番短い詩だが、奥深さのあるもの」と説明し、「対象物と向き合い、心を深く見つめることで奥行きが広がっていく」とその魅力を語る。
 俳句は、文字制限のなかで表現技法を鍛えるだけではなく、直接的でなく言外に余韻を残し、読み手の想像力を掻き立てるという日本の美意識そのものだ。
 一方で、「今年も参加者が少なくなった」という寂しい声も。そこで日本語指導のなかに、もっと俳句を積極的に取り入れてみてはどうかと考えた。まずは日本語教師自らが体験してほしい。
 率直な表現が尊ばれる当地では、俳句の表現技法は興味深く映るかもしれないし、何より深い日本理解に繋がる。(航)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • セレソン南米予選のメンバー発表=復帰のネイマールにカシオら2015年10月23日 セレソン南米予選のメンバー発表=復帰のネイマールにカシオら  サッカー・ブラジル代表(セレソン)のドゥンガ監督は11月12日、17日に行われるワールドカップ南米予選の対アルゼンチン、対ペルー戦に出場する23人を発表した。 選ばれた選手は以下の通りだ。 〈キーパー〉ジェフェルソン(ボタフォゴ)、アリソン(インテルナシオナル)、カシオ(コリ […]
  • 大耳小耳2014年2月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月18日  レシフェにはすでに日本のテレビ局員4人が訪れ、文協は通訳等の依頼を受けたとか。伊与田会長は「日本語学校の先生を手配するが人員不足。サポーターにまで対応できるだろうか」。「日本からは六つほどのテレビ局が、10~15人を組織して訪れるだろう」 […]
  • 救済会に5千レ寄付=ブラジル三菱マテリアル2004年12月1日 救済会に5千レ寄付=ブラジル三菱マテリアル 12月1日(水)  ブラジル三菱マテリアル(青木淳取締役社長)がこのほど、救済会(左近寿一会長)に五千レアルを寄付した。昨年より金額が千レアル多く、関係者を喜ばせている。 […]
  • リオ五輪=ブラジルのメダル攻勢なるか?=体操で史上初の銀銅同時獲得=ロブソンが金かけ今日決勝=期待がかかる今後の球技系2016年8月16日 リオ五輪=ブラジルのメダル攻勢なるか?=体操で史上初の銀銅同時獲得=ロブソンが金かけ今日決勝=期待がかかる今後の球技系  リオ五輪が開幕して1週間以上経過したが、五輪2度目の週末は、ブラジル勢のメダル獲得や期待種目の上位進出などが相次ぎ、ブラジル全体が五輪に沸いた。14~16日付伯字紙が報じている。 ブラジルのメダル獲得数は12日の時点で金1、銀1、銅2と、開催国としては寂しい数だったが、14日 […]
  • ■年頭挨拶=外務大臣 前原 誠司2011年1月1日 ■年頭挨拶=外務大臣 前原 誠司 特集 2010年新年号 ニッケイ新聞 2011年1月1日付け  平成23年(2011年)の年頭に当たり、ブラジルの日系人及び邦人の皆様に謹んで新年のお慶びを申し上げます。 […]