ホーム | 日系社会ニュース | 第2位=JRパス購入が来年3月まで=コロニアに広がる波紋

第2位=JRパス購入が来年3月まで=コロニアに広がる波紋

 11月11日、JRグループから「ジャパン・レール・パス(以下JRパス)」の利用資格変更についての発表があった。海外在住の日本国籍所有者に対する販売は来年3月31日まで。この変更内容に日系人は大反発した。
 ブラジル日本都道府県人会連合会、ブラジル日本文化福祉協会は12月中にJRパス利用資格変更の再考・撤廃を求め嘆願書をJR各社や関連官庁に郵送した。
 80歳代を迎える戦後移住者などは東京五輪を最後の訪日機会と考え、ブラジル国籍の家族と一緒に行こうと考えていた人もいたが、頭から冷や水をかぶせられた格好だ。発表に衝撃を受けた一世は多かった。
 JR側は「JRパスの販売対象は海外から観光目的の訪日外国人観光客」と前置きした上で、「訪日外国人旅行客の急増による環境の変化」、「各国の永住権等の資格の定型的書類、資格取得の条件が異なり、永住権制度の無い国に居住する日本人への不平等」と説明が送られた。
 だが、これに納得する者は少なく、「納得いかない」「ちゃんとした説明を」といった声が上がり、「なぜ今、こんな変更を?」との疑問が寄せられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 日系代表4団体が法務省に意見=「四世にも三世と同じ条件で」=(1)2018年2月28日 日系代表4団体が法務省に意見=「四世にも三世と同じ条件で」=(1)  日系四世に就労可能な日本での在留資格を与える新制度、四世ビザ問題について、日本国法務省がパブリックコメント(意見公募)を先月23日から1ヵ月間、公募した。それに対し、ブラジル日系社会を代表する関連4団体が、次に掲載する意見書を日本国法務省に提出した。コロニアの将来を考 […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 呉屋会長2015年7月7日 ごあいさつ 移民の日にあたって=ブラジル日本文化福祉協会会長 呉屋 春美  1908年に日本移民がブラジルに移りきて、今年で107周年を迎えます。今日の日系社会が存在するのは私共の先輩方のご苦労の賜物であります。開拓先亡者の御霊に対して心より哀悼と感謝の意を表する次第であ […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]