fbpx
ホーム | 文芸 | 刊行 | ピンドラーマ1月号

ピンドラーマ1月号

 コジロー出版社のブラジル情報誌『ピンドラーマ』1月号が発刊された。
 シャぺコエンセの悲劇、各国移民レポート・チリ編、ブラジル面白ニュース「40年ぶりに人前でのキスが許される?!」、ほか恒例のグルメ、イベント情報を掲載。
 日系書店、日本食店などで配布中。問い合わせは同出版社(11・3277・4121)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《チリ》軍政憲法を国民投票で廃止に=8割賛成、来年から制定会議2020年10月27日 《チリ》軍政憲法を国民投票で廃止に=8割賛成、来年から制定会議  チリで25日、新憲法を制定するか否かの国民投票が行われ、圧倒的な賛成多数で、新憲法を制定することが決まった。ピノチェト軍事独裁政権時代(1973〜90年)以来の憲法が姿を消すことになる。26日付現地紙が報じている。  新憲法の制定は、昨年10月に暴動が起こったことで […]
  • 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応2020年10月23日 【特集】《サンパウロ市》桜田クリニック=患者のニーズに答えて30年=コロナ対策にも迅速対応  医療機関が多数存在するサンパウロ市の中でも、一番の目抜き通りのパウリスタ大通りにある桜田クリニックは、患者のニーズに徹底して答えて今年で30周年を迎えた。  桜田クリニック院長、桜田雅美ローザ院長(二世・56歳)は1990年にサンパウロ州立総合大学歯学部を卒業。持ち […]
  • 東西南北2020年10月22日 東西南北  20日、サンパウロ市では前日に続いて午後に激しい雨が降り、各地で被害が報告された。大サンパウロ都市圏にまで広げてみた場合、消防には洪水で44回、倒木で44回、土砂崩れで4回の通報があったという。サンパウロ市内では前日に続いて北部での被害が大きく、豪雨で押し流された車が次々と路 […]
  • 《ボリビア大統領選》左派・アルセ氏の当選確実=極右勢力による動乱の1年後2020年10月20日 《ボリビア大統領選》左派・アルセ氏の当選確実=極右勢力による動乱の1年後  18日に行われたボリビアの大統領選は、正式な開票結果が出ていない。だが、出口調査の段階で、左派候補のルイス・アルセ氏が一次投票で圧勝と伝えられ、対立候補らが敗北を認める事態となっている。19日付現地紙サイトが報じている。  今回の大統領選は、昨年11月に行われた大統 […]
  • 世界銀行=ラ米の経済回復遅れると予想=ブラジルのリクスはやや低め?2020年10月20日 世界銀行=ラ米の経済回復遅れると予想=ブラジルのリクスはやや低め?  世界銀行が、ラ米・カリブ海諸国はコロナ禍の影響が大きく、経済活動の回復は遅れるとの見通しを発表したと18日付ブラジル国内サイトが報じた。  ラ米・カリブ海経済委員会(Cepal)によると、今年のラ米・カリブ海地区の国内総生産(GDP)の成長率はマイナス7・9%で、過去最大の […]