ホーム | ビジネスニュース | 今年のブラジルの成長率を0・2%に=IMFが見通しを下方修正

こちらの記事もどうぞ

  • 罷免投票でドル下がる=昨年7月から約20%低下2016年8月11日 罷免投票でドル下がる=昨年7月から約20%低下  上院議会で9日、ジウマ大統領の弾劾裁判開始を問う全体投票が行われた。それにより、9日のドルは前日比0・87%下げて1ドル=3・142レとなり、昨年7月15日以来の最低値を記録した。10日付エスタード紙が報じた。 ジウマ氏の罷免は不可避との見方は前からあったが、9日の上院で弾劾 […]
  • 激増する連邦政府の債務=貯蓄銀の立替12億レに2016年7月13日 激増する連邦政府の債務=貯蓄銀の立替12億レに  連邦貯蓄銀行(Caixa)は、国の社会政策費12億レアル分の支払いを受け取れないまま上半期を終え、国家総弁護庁(AGU)に仲介を依頼したと12日付エスタード紙が報じた。 同行は連邦政府を唯一の運営主体とする銀行で、生活扶助(ボウサ・ファミリア)や学生融資基金(Fies)、失業 […]
  • Copom=Selicは現状のまま=インフレ続きで先送りへ2016年7月22日 Copom=Selicは現状のまま=インフレ続きで先送りへ  中銀は20日の通貨政策委員会(Copom)で、経済基本金利(Selic)を現状の14・25%のままとした。今年後半にも始まるとみられていた基本金利引き下げは、まだしばらく行われそうにないと21日付伯字紙が報じている。 今回のCopomはイラン・ゴールドファイン新総裁就任後、は […]
  • 雪ダルマ式に膨らむ負債=年末にはGDPの75%に=新政権は爆弾抱えて発足2016年4月29日 雪ダルマ式に膨らむ負債=年末にはGDPの75%に=新政権は爆弾抱えて発足  ジウマ大統領の罷免問題などで政治的にも経済的にも動きが止まった伯国だが、公的負債の増加は止まらず、2月現在の基礎的財政収支赤字額は国内総生産(GDP)の10%超の1250億レアルに達したと27日付フォーリャ紙が報じた。 大統領の罷免審議継続が決まり、180日間の停職となった時 […]
  • 財政改革PEC=現行案の修正は不可避か=支出上限と福祉改変で=PMDB内部にまで慎重論=新連立与党の試金石に2016年5月31日 財政改革PEC=現行案の修正は不可避か=支出上限と福祉改変で=PMDB内部にまで慎重論=新連立与党の試金石に  テメル暫定政権の大きな指針とも言える、エンリケ・メイレレス財相による財政改革に伴う憲法改正法案(PEC)は、現状では「原案を修正した形で」と望む議員が多いことが30日付エスタード紙によって明らかになっている。 メイレレス財相が打ち出したPECの目玉となるのは、「予算作成時の公 […]