ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本ブラジル中央協会(東京都港区)の情報誌『ブラジル特報』1636号が1月に発行された。冒頭に小池百合子東京都知事の挨拶に続き、特集テーマ「新しい日伯関係」の最初で大前孝雄同協会会長は《16年8月末に大統領に就任して最初の訪問国の一つに日本を選んだことも、わが国に対する期待の現れといえよう。日本の経済界としても、新政権下のブラジルとの一層の経済関係強化に取り組んで生きたい》と書いた。100円ショップ「ダイソーブラジル」大野恵介社長は、社員の算数学力のなさを補うために社内特製のオリジナル計算ドリルで毎日訓練しており、現在22店舗だが新年以降は毎年10店舗ペースで出店すると力強く紙面で宣言した。読みどころ多数。同協会サイト(nipo-brasil.org)でバックナンバーを無料閲覧可。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2003年5月7日 ペルーからの報告=フジモリ 待望論はあるか(終)=不可能に近い復帰だが=なんでも起こり得る国 5月7日(水)  今回の取材に応じてくれた全ての人に「もし、〇六年にフジモリが大統領選に出馬したら、投票しますか?」という問いを投げかけてみた。  「する」「しない」と即答した人は、以外に少なかったというのが感想だ。 […]
  • デカセギ子弟を考える=東京芸大教授らが出版2009年5月7日 デカセギ子弟を考える=東京芸大教授らが出版 ニッケイ新聞 2009年5月7日付け  【藤崎康夫=東京支社長】一九八〇年代後半、深刻な労働力不足に直面。外国人労働者導入で、窮地を切りぬけたもののアメリカ発の不況の波を受け、生産調整を理由に大規模な「派遣切り」が行われている日本である。 […]
  • コラム オーリャ!2007年12月6日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2007年12月6日付け  県連十一月代表者会議の席で行われた日本祭りの会計報告。バザリスタ担当者が資金を未納した件が未解決のまま、問題なく通過し承認されてしまい、今年の実行委員会は解散になった。 […]
  • 裁判所がUberの車両撤去禁ずる2016年2月4日 裁判所がUberの車両撤去禁ずる  スマートフォンで手軽にタクシーを呼び出せるが、無認可タクシーの営業妨害だとして旧来タクシー業界から告発され、サンパウロ市が運行を禁じていたUberについて、裁判所が2日に市役所による強制撤去を禁ずる判決を出した。ジルマール・タットサンパウロ市交通局長は3日、「これでもう摘発は […]
  • 「さんしんの日」賑わい=7百人が沖縄芸能満喫2009年3月7日 「さんしんの日」賑わい=7百人が沖縄芸能満喫 ニッケイ新聞 2009年3月7日付け  沖縄県で毎年三月四日に開催される芸能祭「さんしんの日」にちなんだ琉球芸能イベント「ゆかる日・まさる日・さんしんの日」が一日午後、サンパウロ市の沖縄県人会館で開かれた。 […]