ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル・トカンチンス州=集中治療室で結婚30年祝う=進行性の病気の夫と支える妻

ブラジル・トカンチンス州=集中治療室で結婚30年祝う=進行性の病気の夫と支える妻

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 工夫次第で用途は色々=太陽光発電を利用しよう2011年7月7日 工夫次第で用途は色々=太陽光発電を利用しよう ニッケイ新聞 2011年7月7日付け  太陽熱というと温水器を考える人が多いが、薄型の太陽電池開発で太陽熱や太陽光の利用方法は無限になったと6日付エスタード紙が報じた。 […]
  • 12歳までに13%が薬物経験=シンナー遊びは24カ国中トップ2005年6月10日 12歳までに13%が薬物経験=シンナー遊びは24カ国中トップ 6月10日(金)  【エスタード・デ・サンパウロ紙一日】ブラジルで十二歳までの児童の一三%が、麻薬やシンナーなどの薬物を使用した経験があり、七%が喫煙経験者というショッキングな事実が明らかになった。 […]
  • 《ブラジル》大麻合法化意識調査=国民の過半数は反対2018年11月7日 《ブラジル》大麻合法化意識調査=国民の過半数は反対  大麻合法化問題に関する意識調査がブラジルで行われ、全体の47%が「合法化に強く反対」、7%が「やや反対」と、あわせて半数以上が大麻合法化に反対している事がわかった。  これは、「ブラジルでも大麻は合法化されるべきである」との設問に対し、「強く反対」「やや反対」「どちらでもな […]
  • スペイン列車事故ブラジル人2人目の死者2013年8月31日 スペイン列車事故ブラジル人2人目の死者 ニッケイ新聞 2013年8月1日  ブラジル外務省が6月29日、スペイン北西部で6月24日に起きた列車脱線事故でブラジル人犠牲者が1人増えたと発表した。亡くなったのは1965年リオ生まれでスペインとの二重国籍の設計士マルシア・スアレス・ペーナさんで、同国に24年間住み、息子も2 […]
  • ブラジルは世界に通じるレベル=インダイアツーバ=第29回錦鯉展に2万人=千3百匹が色鮮やかに2009年7月28日 ブラジルは世界に通じるレベル=インダイアツーバ=第29回錦鯉展に2万人=千3百匹が色鮮やかに ニッケイ新聞 2009年7月28日付け  ブラジル錦鯉愛好会(ジョゼ・ファビオ・デ・モウラ会長)は四、五日インダイアツーバ市で第二十九回錦鯉展示会を開催した。二日で約二万人が訪れ、優雅に泳ぐ約二百五十種、計千三百匹もの錦鯉が来場者を魅了した。 […]