fbpx
ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》ライブハウス「Kiss」火災から4年=242人死亡の大惨事も未だ裁判決着せず

《ブラジル》ライブハウス「Kiss」火災から4年=242人死亡の大惨事も未だ裁判決着せず

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 → .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年4月10日 東西南北  8日の夜のボルソナロ大統領の政見放送は、外出自粛令を止める呼びかけと、世界でもまだ試験段階の薬品の処方を勧めるもの、という物議を醸す内容だったが、世間へのインパクトはそこまで大きくなく、ツイッターでの話題にもあまり上がらなかった。大統領支持派の人は「ボルソナロにノーベル賞」な […]
  • 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史2020年2月21日 意外に類似点があるブラジルと韓国の近代史  「韓国のカルチャーが世界的に熱い」。それはだいぶ以前から言われていたことだが、その印象は9日、アカデミー賞で同国の映画「パラサイト」が、史上初の「英語以外での外国映画で初の作品賞」という快挙を成し遂げて以降、さらに強くなっている。  思い返せばそれだけではない。今や […]
  • (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボルソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え2020年1月31日 (ブラジル音楽界)セルタネージャ業界がボルソナロ大統領を訪問 コンサート半額制の廃止訴え  29日、「ブラジルのカントリー」として、国内一の音楽市場でのシェアを誇るセルタネージャのアーティストたちが、ボルソナロ大統領に会いに大統領府を訪れた。一団は、ブラジルのコンサートでは一般的となっている、入場料半額制をなくすことを訴え、物議をかもしている。  アーティストたち […]
  • 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界2019年6月20日 【日本移民の日2019】台頭するブラジルの異才、鬼才=黄金期再来を予感させる映画界=世界的活躍へ一歩踏み出す音楽界  「文化はあまり重要視されない」「支援金が減らされる」―これがボルソナロ政権時代にブラジルの文化環境に関してよく言われる言葉だ。だが、こう言っては不謹慎かもしれないが、ブラジルの場合、かつて民主主義と自由が抑圧されていた軍事政権時に映画も音楽も発展を遂げた、という歴史的 […]
  • チアゴ・イオルキがヒット・チャート独占=ブラジル音楽界に新たなスター誕生2019年5月10日 チアゴ・イオルキがヒット・チャート独占=ブラジル音楽界に新たなスター誕生  ブラジル音楽界に新たなトップ・スターが生まれた。男性シンガーソングライター、チアゴ・イオルキ(33)の新作アルバム「レコンストゥルソン」が、ブラジルにおける人気50曲のうち13曲を独占する事態が起きたのだ。  新アルバムは、事前予告もなく、5日に突然リリースされた。近年の曲 […]