ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 在リオ総領事館の治安情報によれば、リオ市レブロン地区で1月31日午後10時ごろ、邦人が被害に遭う窃盗事件(車上荒らし)が発生した。場所はPlataforma(ショーレストラン)前の屋外駐車場。運転手付の車でそこに行き、友人と食事中、運転手が用を足しに15分ほど車を離れたスキに鍵がこじ開けられて、現金などが入ったカバンが盗まれた。すぐに観光客用市警署に届出に行ったがストライキ中…。被害を受理してもらえず、結局はネットで被害申告したとか。サンパウロ市東洋街でもリベルダーデ広場の旅行社で換金後に強盗被害に遭う事件が続発しているが、車上荒らしには遭うだけでも嫌なのに、警察のストまで耐える必要のあるリオの生活も、まったくやりきれない。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ミサイル部品を密輸=ロシア・マフィアが取引仲介 アマゾン2004年4月14日 ミサイル部品を密輸=ロシア・マフィアが取引仲介 アマゾン 4月14日(水)  【エスタード・デ・サンパウロ紙二十八日】ジョゼ・ヴェイガス陸相は二十七日、陸軍情報部からアマゾン地方の麻薬密売ルートが、大陸間弾道ミサイルの部品密輸の舞台になっているという報告を受けた。 […]
  • 倫理の会、大熊富夫さん講演=「夢を実現した男」8、9日2017年7月8日 倫理の会、大熊富夫さん講演=「夢を実現した男」8、9日  ブラジル倫理の会(須郷清孝会長)が8日午前8時半からと9日午前9時から、一般社団法人倫理研究所の法人アドバイザー、大熊富夫さんの講演会を行う。  6日に須郷会長と来社した大熊さんは、当日の講演内容について「『深い願い』もテーマにする。両親からの期待に応えることも発展 […]
  • 停滞知らない高級趣向=ある所には腐るほどある金2006年11月22日 停滞知らない高級趣向=ある所には腐るほどある金 2006年11月22日付け  【フォーブス誌一四四号】高級ブランド好みのブラジル人たちが、日常生活のストレスを解消するための消費財とサービス財市場が年々、二桁成長の有望産業としてクローズアップされている。 […]
  • 東西南北2019年5月17日 東西南北  15日に米国テキサス州ダラスで、ボルソナロ大統領がブッシュ元大統領と面会した。ブッシュ氏の広報によれば、同氏は事前にボルソナロ氏との面会を聞かされておらず、かなり驚いていたという。ただ、「せっかく、外国からはるばるやって来たのだから」と快く会うことにしたのだとか。また、ボルソ […]
  • まるでピサの斜塔=海岸のビル100棟が傾く2003年2月18日 まるでピサの斜塔=海岸のビル100棟が傾く 2月18日(火) […]