ホーム | 日系社会ニュース | 交互に語学勉強の交流会=駐在家族と日語学習者が

交互に語学勉強の交流会=駐在家族と日語学習者が

日語会話を楽しむ参加者ら

日語会話を楽しむ参加者ら

 日本語センター(立花アルマンド理事長)で毎週月曜日の午前10時から、日本語学習者向けの交流勉強会『バテ・パポ・エン・ジャポネス』(山岸美智子主宰)が開かれている。日語学習者と日本人のボランティア約30人が集まり、日本文化や日語会話を楽しんだ1月30日の様子を取材してみた。
 勉強会始めには日ポ両語で日本文化の紹介が行われる。今回は「日本の就職活動」の説明があり、「新規卒業者の重要性」や「就活浪人」「お辞儀」など日本の就職活動の特徴を、参加者は興味深く聞き入った。
 その後、日語学習者とボランティアで2、3人組みを作り日語での会話練習の場となった。
 また、年明けの月ということもあり正午にはかるたや書初め、福笑い等正月の遊び体験が行われた。初めてやる遊びに参加者から笑い声や歓声が上がりおお盛り上がりとなった。
 同勉強会の創始者であり主宰者の山岸さんは駐在家族。「一対一でポ語練習できる場所を探していた」という山岸さんが勉強会を始めると、すぐ参加者が増え勉強会の需要の高さを感じたそう。
 「日語、ポ語学習者がお互いに学び合える場所は多くの人が求めている。開催時間の変更も考えたが、ボランティアは駐在家族が多いので『無理をせず楽しく』やることが大事。できることを着実にやっていきたい」と活動について語った。
 午後1時頃に日本文化体験が終わると、日語学習者の照屋健二レナトさん(19、三世)の指示の下、『Bate Papo em Portugues』が始まった。日語学習者とボランティアの立場が入れ替わり、30分間のポ語の会話練習が行われた。
 ポ語でのバテパポ企画者の照屋さんは「昨年9月から、ポ語を勉強しているボランティアのために第一月曜日に開催している。いつも私達の日語会話練習を手伝ってくれることへの恩返し」と感謝の気持ちを語った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒2019年2月9日 学習者の3分の1が非日系?!=質的な変化とげる日本語教育=増える初等中等教育の生徒  2014年には2万人を切っていた全伯の日本語学習者が、わずか3年間で3080人も増え、2017年には2万2993人になっていたことが、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎勝所長)の調べで分かった。また全学習者の3分の1が非日系人になっている可能性があり、その分 […]
  • 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」2018年12月14日 大失敗?! 四世受入れ制度=目標4千人なのに、まだ数人…=(上)=「年齢、帯同不可は厳しすぎ」  「日本文化を習得する活動等を通じて日本に対する理解や関心を深め、日本と現地日系社会との懸け橋となる人材を育成する」ことを目的とし、7月から施行された日系四世受入れ制度。開始から5カ月経ったが、同制度による査証発給数は1桁を超えていないようだ。来年3月までに4千人の日系 […]
  • 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室2018年12月1日 日本語使って楽しく体動かす=聖南西地区青空スポーツ教室  日本語学校のスポーツが好きな13~17歳の生徒が参加する『聖南西青空スポーツ教室』(聖南西教育研究会主催)が11月15日、ピラール・ド・スール文化体育協会のグランドで開催された。  年に5つある生徒参加地区行事の中でも、12月に行われる林間学校とともに生徒がとても楽 […]
  • 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表2018年11月9日 伯3州・パ交流日本語お話大会=43人の生徒が学習成果発表  第9回ブラジル三州パラグアイ交流日本語お話大会が10月27日、パラナ日伯文化連合会で開催された。パラナ日伯文化連合会主催、パラナ日本語教育センター実施、在クリチバ日本国総領事館、国際交流基金後援。  今大会ではパラグアイの日本語学校は欠席となったが、パラナ州から8校 […]
  • ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?2018年11月7日 ■ひとマチ点描■くまモン、次はいつ?  人気者くまモンを歓迎のために、ブラジル日本語センター(日下野良武理事長)では、1時間も前から日本語学習者の子供や青年ら100人が集まり、くまモン体操の練習に汗を流していた。 […]