ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 俳誌『朝蔭』第447号が1月に発行された。《年送るリオの浜辺は人の波》(田村史子)は「浜辺」と「人の波」という組み合わせが絶妙。《元旦や東を拝す吾祖国》(三瀬孝子)も正月の厳粛な雰囲気を感じさせる一句。《畑打ちも死語となりゆく機械農》(身吉尚子)を読んで、「くわ・すきなどで畑を耕すこと」を意味する「畑打ち」は、もう使えない言葉だと考えさせられた。《文盲も学者も讃ふ黒母の日》(村松里乃)を見て、今年がアパレシーダの像がパライバ・ド・スル川で漁師に拾われて300周年だと思い出した。黒いマリア像を「黒母」と表現するのも見事なコロニア語だ。《この国を生涯の地と耕して》(星川としい)も農業移民らしい一句か。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2019年10月23日 大耳小耳  現在ブラジル日本文化福祉協会ビルの入口近くに、桜の写真展示が行われている。7月前半の週末4日間に聖州サンロッケ市の国士舘大学スポーツセンターで開催された「第23回桜まつり」の中で、富士フィルムが主催した「文協写真コンテスト」の応募作だ。来場者が桜のある風景を撮影して優秀賞に選 […]
  • 大耳小耳2019年10月15日 大耳小耳  伯国生活必携の書『楽々サンパウロ』の最新刊(19―20年版、コジロー出版、228ページ、110レアル)が発売された。聖市のフェイラ、レストラン、観光情報から、医療や住居など生活インフラに関するものまでに役立つ情報が満載。聖市の日系書店などで販売中。郵送での購入希望や問い合わせ […]
  • 大耳小耳2019年10月4日 大耳小耳  「ブラジル老荘の友」9月号は読みどころがたくさん。JICAシニアボランティアの鳥羽肇さんの投稿「あけぼのホームでの活動」に、こんなピアーダがあった。入居者の体調を知るために「お通じ(便)はでていますか?」という質問をする際、ある高齢者が黙って返事をしないことがあった。てっきり […]
  • 大耳小耳2019年9月26日 大耳小耳  『ブラジル老荘の友』9月号を見ていたら、「三山ひろし様へのファンレター」(イタペチ万寿会・壇正子)との一文に目を引かれた。6月の三山ひろしのショーで《心を奪われた》とのこと。いわく《貴方様の美声(特に高音部の響き)に酔い、痺れ、心を奪われ、そして癒やされました。歌を聴いて癒や […]