ホーム | ビジネスニュース | 《ブラジル》労働市場は17年前半も厳しさ続く?=1月の失業率は12・6%に

《ブラジル》労働市場は17年前半も厳しさ続く?=1月の失業率は12・6%に

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 中銀発表=金融市場が正常化=初心に帰って引き締める2010年2月27日 中銀発表=金融市場が正常化=初心に帰って引き締める ニッケイ新聞 2010年2月27日付け […]
  • 『アマゾン移民 少年の追憶』 日本の読者にも好評だった =「移民体験が象徴的」「感情抑えた誠実な文章」2005年1月4日 『アマゾン移民 少年の追憶』 日本の読者にも好評だった =「移民体験が象徴的」「感情抑えた誠実な文章」 1月4日(火)  「一気に読ませていただきました」――。昨年本紙六面に掲載して好評を博した、小野正さんの自分史小説『アマゾン移民・少年の追憶』を読み終えた読者から読後感が寄せられている。小野さん一家の苦労や家族の深い絆が、素朴な言葉で綴られており、日本の読者からも共感 […]
  • CBF会長=FIFA理事会を辞任=後継には元大統領の息子2015年11月28日 CBF会長=FIFA理事会を辞任=後継には元大統領の息子  マルコ・ポーロ・デル・ネーロブラジルサッカー連盟(CBF)会長が26日、世界サッカー連盟(FIFA)理事会における南米サッカー連盟(Conmebol)代表の職を辞したと27日付伯字各紙が報じた。 後任には、ブラジル元大統領ジョゼ・サルネイの息子でCBF副会長のフェルナンド・サ […]
  • 集団殺人の犠牲者倍増=市民の間で恐怖広がる=授業や商店の時間短縮も2015年8月18日 集団殺人の犠牲者倍増=市民の間で恐怖広がる=授業や商店の時間短縮も  【既報関連】大サンパウロ市圏のオザスコ市とバルエリ市で13日夜起きた連続殺人事件は、7日夜オザスコ市で起きた軍警殺害事件への報復との見方が強まり、同種の事件の反復を恐れた市民らが授業時間や店の営業時間短縮その他の自衛手段を講じていると15~17日付伯字紙が報じた。 13日 […]
  • 今週末の催し2006年12月8日 今週末の催し 2006年12月8日付け                 ◇土曜日◇  東洋祭り、九日午後二時半、リベルダーデ広場。十日日曜日は正午開幕。      □  青葉祭り、九日午前九時~午後八時、宮城県人会館(ファグンデス街152)。十日日曜日は午前九時~午後六時。 […]