ホーム | 日系社会ニュース | モジ文協=「希望」テーマに秋祭り開幕=4日間で約10万人の来場期待

モジ文協=「希望」テーマに秋祭り開幕=4日間で約10万人の来場期待

農産展会場内の様子

農産展会場内の様子

 モジ・ダス・クルーゼス文化協会(津田フランキ理事長)の『第32回秋祭り』が1日、同文協スポーツセンター(Av. Japao, 5919, Porteira Preta)で開幕した。今回のテーマは「きぼう―エスペランサ」。会場に設置された巨大テントでは、農作物の展示会が行われ色とりどりの農作物が並べられ、ステージでは和太鼓や歌謡ショーなどが行われた。今週末の8、9日にも続けて開催される。
 1日午前10時から会場手前の「やすらぎの塔」にて、恒例の先亡者追悼法要が行われ、曹洞宗禅源寺の佐藤鴻舟住職が読経する中、約70人が焼香した。佐藤住職は「この祭りが続けられているのは、先祖様が見守ってくれているおかげ。今年の成功を祈りましょう」と説いた。
 開会式は正午から行われ、ブラジル福島県人会モジ太鼓部の演奏で始まった。同市のマルクス・ヴィニシウス・デ・アルメイダ・エ・メロ市長や津田理事長、羽藤ジョージ聖州議、飯星ワルテル下議、中前隆博総領事らが出席した。各出席者のあいさつ後、鏡割りとテープカットが行われ祭りの開催を祝った。
 農産展では柿やデコポンなどの果物のほか、野菜、蘭などの花卉、盆栽なども展示された。地元日系団体による日本食も好評で、多くの来場客が並んだ。また農機具や乗用車の展示、特産品の販売なども。多くの出店で賑わった。

鏡割りで開幕を祝う来賓ら

鏡割りで開幕を祝う来賓ら

 1月にパラナ州ロンドリーナ市からモジ市へ引っ越してきた森谷喜伊さん(82、山形)は「会場が大きく、とてもきれいで大変気に入った。お花や果物も色とりどりで見ていて楽しい」と笑顔を見せた。
 同祭りは今週末8、9日にも開催され衣料、健康食品、農業関係、食品などの店舗が並び平田ジョーや龍鼓太鼓、川筋清流太鼓などの発表が行われる。2週末の4日間で延べ10万人の人出があると予測されている。
 詳細は公式サイト(akimatsuri.com.br)、問い合わせはモジ文協(11・4791・2022)まで。


□関連コラム□大耳小耳

 モジ禅源寺の佐藤鴻舟住職にとって、秋祭りの先亡者追悼法要が同市での最後の法要だったそう。5月の一時帰国まで、リベルダーデ区の佛心寺に勤めるという。「13年間、モジの皆さんが法要に参加する素晴らしい姿を見てこれた」と同地での活動を振り返った。また、出身地を聞くと「生まれはハワイ」と聞いてびっくり。なんでも父親も開教師だったとか。日英ポ語を操る佐藤住職の活躍が楽しみ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JRパス問題、日本側が譲歩=東京五輪の年まで利用可=10年以上在住の永住者限定2017年4月1日 《ブラジル》JRパス問題、日本側が譲歩=東京五輪の年まで利用可=10年以上在住の永住者限定  【既報関連】外国在住の日本国籍者へのJRパス販売停止が始まる直前の3月31日、同グループは、10年間以上外国に住む在留邦人はこの6月から東京五輪の年の年末まで、今までどおりにJRパスを使えるようにすると発表した。高齢化した移民が五輪を機に家族を連れて里がえりすることを尊重 […]
  • 静岡県人会=10年振りに県費留学復活=母県と連携、会活性化へ=「青年部立ち上げたい!」2018年2月7日 静岡県人会=10年振りに県費留学復活=母県と連携、会活性化へ=「青年部立ち上げたい!」  県費留学制度の復活を足がかりに、県人会活性化を――。ブラジル静岡県人会(原永門会長)は、静岡県地域外交局地域外交課のモライス・アレシャンドレ地域外交専門官を迎え、「県費留学新制度説明会」を先月15日、同会会館で催した。元研修生、研修候補生ら約30人が出席し、朗報に沸い […]
  • 記念式典、10月に州議会で=移住百周年の和歌山が総会2017年2月3日 記念式典、10月に州議会で=移住百周年の和歌山が総会  今年10月に県人のブラジル移住百周年式典を行なう和歌山県人会が先月29日、聖(サンパウロ)市の同会会館で定期総会を行なった。記念事業の詳細や、谷口ジョゼー会長の続投が決まった。 […]
  • 児童の成長に保護者ら涙=10周年のPIPAが発表会2016年12月16日 児童の成長に保護者ら涙=10周年のPIPAが発表会  援協が運営する自閉症児療育学級PIPA(井上健治代表)が3日、第12回発表会を聖市の宮城県人会館で行った。  今年、創立10周年を迎えた同施設。薬剤による処置が一般的な当地の医療事情に反し、日常生活を送りながら療法する方針は、先進的な治療として高い評価を受けている。14 […]
  • 日本民謡大会=海藤洋平さんが切符掴む=10月、両国の全日本大会へ2016年5月10日 日本民謡大会=海藤洋平さんが切符掴む=10月、両国の全日本大会へ  日本民謡協会ブラジル支部(塩野彰会長)が先月24日、宮城県人会館で『第49回日本民謡全伯大会』を開催した。今年も聖州プレジデンテ・プルデンテ、パラナ州クリチバ、マリンガなど遠方地からも多くの会員が参加。約120人が出場し、日ごろの練習の成果を競った。 満員となった会場では、ベ […]