ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | ブラジル南部山あいの町=零下5度で朝が明ける

ブラジル南部山あいの町=零下5度で朝が明ける

(Mycchel Hudsonn Lenaghi / São Joaquim Online)

(Mycchel Hudsonn Lenaghi / São Joaquim Online)

 多くの人々には一般に「ブラジルは常夏の国」という印象が持たれているが、ブラジルにも冬は存在する。また北半球の常識では、「北は寒く、南は暑い」だが、これも南半球では逆だ。赤道に近いのは北で、北の方が暑く、南極に近い南の方が寒い。

 ブラジル南部、サンタカタリーナ州内陸部の山岳地帯、セーラ・カタリネンセに位置する、人口2万6千人余りの小さな町、サンジョアキンでは28日の朝、4月としては過去20年間で最低となる零下5・2度を記録した。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ