ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | 《ブラジル》1千カ所以上の公共医療施設が稼動せず=予算配分を見直す保健省

《ブラジル》1千カ所以上の公共医療施設が稼動せず=予算配分を見直す保健省

 ブラジル全土では、合計1158カ所に及ぶ統一医療保健システム(SUS)の診療所が、建設後も実際に機能しないままになっていると、5日付現地紙が報じた。

 SUSには救急診療所(UPA)と保健所(UBS)があり、全国では、165カ所のUPAと993カ所のUBSが、予算不足や計画性の乏しさから機能していない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ