ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 『サンタクルス病院の歴史』の製作にあたり、柳下宙子さんが校閲を担当した。柳下さんは元外務省外交史料館課長補佐で38年間、『日本外交文書』編纂事業に携わった。本書の校閲については、「事実と乖離がないか確認するため、約半年間、山のような資料に目を通した」とのこと。例えば『日本病院建設芳名録』(寄付者の名簿)は1933年のから39年の病院落成までの間に作られたもの。印刷が劣化して、読むのが困難だったという。出版式典での晴れやかな表情の裏にこん苦労があったとは。

image_print

こちらの記事もどうぞ