ホーム | 連載 | 2017年 | 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス | 《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(30)=1500Haで中規模農家

《ブラジル》県連故郷巡り=「承前啓後」 ポルト・ヴェーリョとパウマス=(30)=1500Haで中規模農家

昨年11月に結婚40周年を迎えた馬場アヤ子さんと夫の和義さん

昨年11月に結婚40周年を迎えた馬場アヤ子さんと夫の和義さん

 エジソンさんの説明は実に論理的だ。「年に大豆1回1500ヘクタール、トウモロコシ1回1000ヘクタール。枝や葉は全部、土に戻す。水は雨だけ。ここでは6カ月間、雨が降って、残りは乾期。この地域ではヘクタール当り50俵が平均だが、35俵取れれば、もう利益がでる。今年はだいたい1俵当り60レアルで、僕らはl00%輸出している。今はもう来年3月の収穫分の先物交渉を商社としている。最低限かかる経費分を先物で売っておくと、来年の生産の見通しが立てられるから」。
 「この広さだと州内では中規模、大規模にはいるの?」と聞くと、「まあせいぜい中じゃないかな。州最大規模の農家は1万8千ヘクタールとかやっている。国全体でみれば、マット・グロッソ州最大のマッジなんて20万へクタールでしょ」という。ブライロ・マッジは農務大臣で「大豆王」と呼ばれている人物だ。
 中村ネルソンさんは「ボクの農場はもっと先だが、土地を買った時はアスファルト舗装がなかったから大変だった。その市では最初の大豆生産者だった。2年前にはパラナ州から日系人がきて、『おお、リベルダーデになったね』と喜んだぐらい日系人が少ない」と笑う。
 「なんといっても開拓1年目が一番大変。最初の半年は家族から離れて、畑にパーリャ(椰子の葉)の家を作って、電気も水道もないところで、ヘージ(ハンモック)で寝て、労働者と一緒に開拓する。耐えきれないぐらい暑い。最初にブルドーザー2台やとって太いチェーンを渡し、100メートル幅で一気に灌木をなぎ倒す。その後、根を一つ一つ抜き、石を全部拾っていく。これを1年以内にやらないと採算が取れない」。
 数百ヘクタールを一年で開拓するのだから、昔のように斧で切っていくわけにはいかない。今の開拓方法はまったく近代的だ。
     ☆
 一行はパウマスの手工芸市場で買い物をし、夜は現地レストランで食事をした。同じテーブルに座った一行の馬場和義さん(やすよし、77、佐賀県)は南米産業開発青年隊の5期生だった。
 午前中に訪問した巨大な大豆農場を振り返って「お爺さんが土台を作ったから、今あそこまでできる。最初の世代からの積み重ねで、今がある。彼個人の功績ではなく、『中村家』というひとつながりの成果だと感じた。そこで一貫して大事なのは、やはり精神というか教育だと思う。それが受け継がれることが一番大事。過去と今が切れているのでなく、噛み合っているところが凄いと思った。僕も、僕の代では大したことはできないかもしれないが、いつかそれが発展してほしい」としみじみ語った。(つづく、深沢正雪記者)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え2019年2月6日 ロシアがブラジル産大豆に農薬減求める=輸入量の一時削減も考慮=ブラジル大豆は多くが遺伝子組み換え  ブラジル産大豆から大量の農薬、特に除草剤が検出されているとして、農薬を減らさない限り大豆の輸入量を制限する一時措置をとる可能性があると、ロシア農業省がブラジル農牧供給省に通告してきたと、4日付ブラジル紙が報じた。  通告を発したのはロシア農業省所管機関の獣医学・植物検疫局で […]
  • お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加2019年2月6日 お握りならぬ「お握らず」?!=親子料理教室に50人が参加  今井恵美さんが企画した、日本の料理家・秋山加代子さんが指導する親子料理教室「お握らずワークショップ」が先月27日、文協地下のグルメスペースで催された。これは日本の食文化を紹介することを目的としたもので、文協青年部の青木リジアネ・ヨシエ部長、松本ギレルメ・セイゴ副部長ら […]
  • 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては2019年2月1日 震災から8年、岩手県山田町=苦境乗り越え、取り戻した日常=(下)=生きるために働かなくては  町の案内を快く引き受けてくれたトミさんは、娘の智子(さとこ)さん(67)が営む文房具屋に連れて行ってくれた。震災時、店舗は震災により引き起こされた火災で全焼し、在庫商品もすべて灰と化した。  町役場が備品を必要としていたため、自身も被災していたにもかかわらず、業者か […]
  • 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も2019年1月30日 新潟農業研修=母県から4人、農家を視察=1400haの大豆農場も  新潟県が実施する「平成30年度農業青年等国際交流推進事業」を通じて、青年農業者4人が来伯した。一行は各地で活躍する新潟県人を中心とする日系農家を視察して見聞を広め、23日に帰路に着いた。  本制度は89年に始まり、92年からは新潟への研修生受入がはじまる形で、隔年で […]
  • 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう2019年1月17日 食生活や適度な運動で寝たきりや引きこもりを防ごう  11月にご主人を亡くされたSさんに会い、あちこちが痛むからスポーツジムで水泳などを始めたと聞いた。これを聞いてすぐ、ご主人の介護などで外出の機会が減り、ビタミンD欠乏症やそれに伴う骨軟化症を起こしかけているのではと考えた。朝早くから夜遅くまで働き、昼食時や休憩時も会社の中とい […]