ホーム | イベント情報 | ピッコ・ド・ジャラグア遠足=だるま塾が来月4日開催

ピッコ・ド・ジャラグア遠足=だるま塾が来月4日開催

 だるま塾(金原正幸代表)とブラジル日本交流協会(神戸保会長)は6月4日、今年で36回目を迎えるサンパウロ市ピッコ・ド・ジャラグアへの遠足を行う。参加費、予約不用。
 午前7時にサンパウロ市ラッパ区セバスチアン広場(Praça Sebastião Jayme Pinto, Lapa de Baixo)を出発する。山麓までの片道10キロと、山頂までの往復10キロ、計20キロを歩く。正午に山頂へ到着して各自持参の弁当を食べ、午後2時に下山してふもとで解散する。そこから市内行きのバスが出ている。
 サンパウロ市最高地点となる山頂は標高1135メートルで、市内を一望することができる。
 参加年齢は10歳以上(9歳以下は父兄同伴)。低血圧または高血圧の人は山麓までは徒歩、登山は車で行う。飲み物、雨具ほかバス代を持参のこと。当日午前6時の時点で雨天の場合、翌週11日へ延期。問い合わせはだるま塾(darumasaopaulo@gmail.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2016年4月28日 大耳小耳  県連の2015年事業報告書が完成した。1頁目には「県別移民者数」が掲載され、地震を被災して大変なことになっている熊本県を見てみると堂々の第1位、2万3575人が移住している。2位の沖縄県は2万0449人、3位の福岡県は1万9509人となっており、ダントツの多さを誇る。熊本県出 […]
  • ジカ熱=日本脳炎に似たウイルス=本当なら予防手段に新たな光2016年2月19日 ジカ熱=日本脳炎に似たウイルス=本当なら予防手段に新たな光  リオデジャネイロ州のオズワルド・クルス研究所調査員が、ブラジル北東部のパライバ州の妊婦から検出されたジカ熱のウイルスは、フランス領ポリネシアで発見されたウイルスと同型で、既にワクチンがある日本脳炎のウイルスと似ていると発表した。 パライバ州でジカ熱に感染後、胎児が小頭症と診断 […]
  • サンパウロ市市議会で出版記念会=マンガ、ポ語で「移民史」と「日本史」=サウーデ文協が出版=評判上々「勉強に最適」=佐藤さんプロデュース=イラストは島本さん=監修した二宮さん2008年3月21日 サンパウロ市市議会で出版記念会=マンガ、ポ語で「移民史」と「日本史」=サウーデ文協が出版=評判上々「勉強に最適」=佐藤さんプロデュース=イラストは島本さん=監修した二宮さん ニッケイ新聞 2008年3月21日付け  サウーデ文化体育協会(桂川富夫会長)が独自の百周年記念事業として進めていたマンガによる日本移民史(ポ語)『Banzai-Historia da Imigracao […]
  • 東西南北2014年7月30日 東西南北  ジェラルド・アウキミンサンパウロ州知事は28日、もし9月までに雨が想定したほど降らなかった場合は、カンタレイラ水系の「未開の水域」からさらに取水することになると発言した。同水域の水は5月15日以降、3分の1以上にあたる1825億リットルが使われたが、さらに1千億リットル使 […]
  • 国内組織委員会のHP開始=移民とデカセギの写真集も2007年6月19日 国内組織委員会のHP開始=移民とデカセギの写真集も 2007年6月17日付け  【既報関連】伯外務省で十四日に行われたブラジル日本移民百周年記念国内組織委員会の発足式で、百周年公式ホームページ(www.japaocentenario.mre.gov.br)のランサメントも同時に行われた。 […]