fbpx
ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 サンリオ・ド・ブラジル社が26~29日までサンパウロ市のエキスポ・センター・ノルテ(Rua Jose Bernardo Pinto, 333, Vila Guilherme)で行われるパーティー用品の法人向け展示会『第11回エスポ・パルケ・イ・フェスタ』に出展する。時間は午前11時~午後8時まで。赤いリボンをつけた白い猫のキャラクター「ハロー・キティ」で有名な同社は、1960年に山梨県で設立された。同社サイトによれば、ブラジルでは南大河、サンタカタリーナ州に直営店を出しているよう。今回のイベントをきっかけに、サンパウロ市でも頻繁に本物のキティちゃんを見るようになるか?!
    ◎
 ついにニッケイ新聞が「アマゾン・マーケットプレイス」に進出――昨日からブラジルのインターネット通販サイト「Amazon」で、ニッケイ新聞の書籍を販売し始めた。日本では当たり前のアマゾンによる書籍販売だが、ブラジルではまだ最近始まったばかり。ポ語もしくは日ポ両語の日系関連書籍5冊、たとえば富士山写真集『空から見た美しき富士山』(静岡新聞社)、『Alianca – A Terra da Cooperacao』、『Um Farol no Meio da Tempestade』(嵐の中の灯台)、『Amazonia 日本人移住八十周年』、百周年写真集『写真で見る日本移民百周年』などを販売中だ。支払いにはクレジットまたはデビッドカードが必要だが、近くに日系書店が無い人、地方在住の方などは利用してみては。注文を受け次第、郵送することになる。購入希望の方は(http://urx.blue/DIKo)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと2019年2月5日 アユタヤ日本人町の二の舞を演じるな=サンパウロ新聞廃刊について思うこと  昨年末をもってサンパウロ新聞(以下、サ紙)が廃刊した。あちこちから「それについて書かないのか」とせっつかれる。他人ごとではないだけに非常に気が重いテーマだ。まず思い浮かぶのは「お疲れさま。お互いよくここまで持った」という感慨だ。110周年まで日刊2紙が生き残ったこと自 […]
  • どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー2017年12月29日 どんな移民110周年になるの?=菊地実行委員長に直撃インタビュー  新年の目玉は、なんといっても日本移民110周年。1月7日に開会式が行なわれる割に、どんな記念事業が進んでいて、肝心の6月、7月にどんな記念イベントが行なわれるのか、実はよく分かっていない。そこで年末に菊地義治110周年実行委員長に時間を都合してもらい、本紙編集長と11 […]
  • 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に2017年1月1日 第20回迎える県連日本祭り=祭典の歴史振り返る=日伯繋ぐ重要な懸け橋に  2017年7月7~9日、コロニアを代表する祭典『日本祭り』が第20回目の記念すべき節目を迎える。「海外最大の日本祭り」と称される同イベントの歴史を振り返り、また、日本祭りの祖となった「郷土食郷土芸能祭」を始めたブラジル都道府県連合会の網野弥太郎元会長に、当時の様子を尋ねた […]
  • 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場2013年12月24日 外国人勲章にM・ソウザ氏=「モニカ」も伝達式に登場 ニッケイ新聞 2013年12月24日 写真=ソウザ氏(中央)とその左が妻の竹田恵子アリッセさん […]
  • 秋の叙勲 受賞者4人を発表=外国人表彰にはM・ソウザ氏も2013年11月30日 秋の叙勲 受賞者4人を発表=外国人表彰にはM・ソウザ氏も ニッケイ新聞 2013年11月6日  日本政府は3日、本年度の『秋の叙勲』受賞者を発表した。ブラジルからは、池田昭博、志村豊弘、門脇敏子の三邦人に漫画家のマウリシオ・デ・ソウザ氏(外国人勲章)を加えた4人が選出された。以下受賞者プロフィール(敬称略)。 【在聖総領事館管内】 […]