ホーム | ビジネスニュース | 《ブラジル》パラー州=農園での銃撃戦は嘘?=警官が鑑識前に死体を搬出

《ブラジル》パラー州=農園での銃撃戦は嘘?=警官が鑑識前に死体を搬出

 【既報関連】パラー州パウ・ダルコ市のサンタルシア農園で24日に起きた、警官と土地なし農民の間での銃撃戦で農民10人が死亡したとされる事件で、警官が鑑識の到着を待たずに遺体を搬出していたことが分かったと26日付現地紙が報じた。
 事件が起きたのは24日の午前5時頃だ。同農園は2週間前に土地なし農民に占拠され、警備員殺害なども起きたが、農民は司法の立ち退き命令に従おうとしなかった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(1)=古野菊生に認められた才能2015年1月31日 武井誠さんを偲ぶ=サンパウロ 安良田 済=(1)=古野菊生に認められた才能  武井誠さんの死亡を知ったのは、死後2年半ばかり後のことであった。「武井誠」と言っても記憶している人は少ないであろう。しかし、ペンネーム「杉武夫」さんと言えば、かなり多くの人が思い出すに違いない。武井さんが生きている時は、その名を想い出すことは稀であった。死亡されたと聞くと […]
  • 管制トラブルの原因判明=保全担当官がミス=管制官も報告なしに退出=システム管理を分散へ2006年12月9日 管制トラブルの原因判明=保全担当官がミス=管制官も報告なしに退出=システム管理を分散へ 2006年12月9日付け […]
  • 刊行物2006年9月20日 刊行物 2006年9月20日付け  『親睦』九月号(通巻四百六十号)が発行された。扉「一句集」から「蓮根を煮付けて古里身近にす」(須美子)、「遺したし血は薄れても移民の日」(春江)、「追憶は耕地の鐘から移民の日」(まさかず)、ほか。_ […]
  • コラム 樹海2013年1月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2013年1月24日付け  昨年末にサンパウロ市セントロに開店した『ダイソー』に行ってみた。オープン当初は長蛇の列だったとか。土曜日が良かったのか客も少なめでしっかり見て回ることができた。元々あまり馴染みがないので「結構充実しているな…」という印象だったが、常連だ […]
  • 米国議会=対伯報復を準備へ=ユダヤ・ロビーがキャンペーン2010年2月13日 米国議会=対伯報復を準備へ=ユダヤ・ロビーがキャンペーン ニッケイ新聞 2010年2月13日付け  米議会の親イスラエル・ロビーは11日、ブラジルのイラン接近をけん制するため米国市場からブラジル製品を締め出す報復準備に入ったことを12日付けエスタード紙が報じた。 […]