ホーム | イベント情報 | ピニェイロス合唱団24日=伝統継ぎつつ初の演奏会

ピニェイロス合唱団24日=伝統継ぎつつ初の演奏会

(左から)串間さん、古川さん

(左から)串間さん、古川さん

 結成から約一年となるピニェイロス合唱団は、『第一回演奏会』を24日午後2時半から、サンパウロ市ピニェイロス区のサン・ジョアン教会内サロン(Rua Coropes,108)で開催する。
 20年以上の歴史がある「ソニア合唱団」は、指導者の白畑智子代表が病気になったこともあり、15年6月に解散した。残ったベテランメンバーを中心に、ピアニストの宮島紀子さんを迎え、16年2月に再編したのがこの合唱団だ。
 以来、隔週で練習に励み、今回が新合唱団としての初お披露目となる。13人のメンバーにより三部構成で披露する。『春の小川』など馴染みのある唱歌から歌謡曲、ディズニーの『星に願いを』など全11曲を披露する。
 来社した古川恵子さんと串間いつえさんは、「結成から一年弱ですが、ベテランで歌の上手い人ばかり。結成後、初の演奏会ですので、ぜひ多くの人に聞いて頂きたい」と呼びかけた。
 また、メンバーは現在13人で合唱団の理想人数は25人程度といい、新規メンバーを募集中。同教会内で、練習は隔週午後1時15分から2時間。問合せは、古川さん(11・3212・3131)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ