ホーム | ブラジル国内ニュース(アーカイブ) | リオ市内でトラック強盗が頻発=国家治安部隊の警備増援も効果なく

リオ市内でトラック強盗が頻発=国家治安部隊の警備増援も効果なく

 リオ都市圏ではトラックの積み荷強盗が頻発しており、5月15日からは国家治安部隊(FN)も警備増援体制に入ったが、状況は改善されず、むしろ増加と、23日付現地サイトが報じた。
 リオ州政府機関の公共保安研究所(ISP)の調査によると、同州でのトラック積み荷強盗は、2000年の3390件が、16年は9870件へとほぼ3倍に増えた。今年は、これまでのところ、1日平均で24件発生し、年間1万2千件を超えるペースだ。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ