ホーム | イベント情報 | 聖母婦人会バザー、日曜に=毎年好評の福神漬け、天ぷらも

聖母婦人会バザー、日曜に=毎年好評の福神漬け、天ぷらも

来社した皆さん

来社した皆さん

 聖母婦人会(畑中アリッセ会長)は次の日曜、7月2日午前10時から午後4時まで『第62回慈善バザー』をサンパウロ市ジョアン・メンデス広場のサンゴンサーロ教会(入口はRua Rodrigo da Silva, 45)で開催する。
 同婦人部特製の美味しい巻き寿司、コシのあるうどん、特大天ぷら、今川焼き、シュラスコなどの食べ物の他に、手作りのエプロンや布巾などが販売され、利益は同教会や、憩の園、希望の家、日伯司牧協会などに寄付される。
 毎年高い評判を得ている福神漬けは、れんこん、にんじん、ごぼう、昆布などが入った特製のもの。250グラムが15レアルで、500グラムが30レで販売される。安岡ローザ副会長、谷口真理さん、亀ヶ沢アオメリングさんが来社し「5月から仕込んでいる福神漬けは古き良き味。ぜひご賞味下さい」と呼びかけた。
 問い合わせは同教会(11・3106・8119)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ